このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらしの情報ごみ・環境ごみ・リサイクル家庭ごみ・資源物の出し方> テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・ワイン庫・洗濯機・衣類乾燥機の廃棄(家電リサイクル法)

テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・ワイン庫・洗濯機・衣類乾燥機の廃棄(家電リサイクル法)

家電に使用されている貴重な資源のリサイクルを促進するための法律「家電リサイクル法」の施行に伴い、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫・ワイン庫、洗濯機、衣類乾燥機は、市では回収していません。所有者は、次の手順に従い、家電を廃棄することとなります。

ごみとして捨てずに売却してリユースにつなげれば、処分費用や搬出の手間を無くすことも可能です。

足利市では、民間事業者と連携してリユース(再利用)を推進しています。
廃棄されるごみの中には、まだまだ利用できるものが数多くあり、連携事業者が運営するサービスを利用してリユースできれば、最短で当日に費用がかからず処分することも可能です。
再利用できるものを処分費用を支払ってごみとして処分する前に、売却することでリユースにつなげられないか、ご検討ください。

「おいくら」は複数のショップの買取り価格を比較し、手間なく売却ができるサービスです。

■「おいくら」への申込みはこちらをクリック

kaitori_flow

 

足利市は株式会社マーケットエンタープライズ(東証プライム)と連携協定を締結し、リユースプラットフォーム「おいくら」を通したリユース(再利用)の推進を行っています。

 

※再販できる品物が買取の対象となりますので、すべての品物をお引き取りできるわけではありません。

※「おいくら」のご利用に関する問い合わせは、「おいくら」サービスカウンターにご連絡ください。

※利用した際のトラブルや損害等について、本市は一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

家電リサイクル法の対象品とは?

エアコン

エアコン画像

  • 家電リサイクル法の対象となるもの
    壁掛け型エアコン、室外機、ウインドタイプ
  • 対象外のもの
    天井埋め込み型エアコン、パッケージエアコン、業務用エアコン

テレビ

テレビ画像

  • 家電リサイクル法の対象となるもの
    ブラウン管式テレビ、ブラウン管式ビデオ内蔵テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ、液晶・プラズマ式HDD、DVD内蔵テレビ
  • 対象外のもの
    プロジェクションテレビ、パソコンモニター、業務用テレビ

冷蔵庫、冷凍庫

冷蔵庫画像

  • 家電リサイクル法の対象となるもの
    冷蔵庫、冷凍庫、ワイン庫
  • 対象外のもの
    ショーケース、冷凍ストッカー、業務用冷蔵庫・冷凍庫

洗濯機、衣類乾燥機

洗濯機画像

  • 家電リサイクル法の対象となるもの
    洗濯乾燥機、全自動洗濯機、2槽式洗濯機、衣類乾燥機
  • 対象外のもの
    業務用洗濯機

業務用家電製品の廃棄については、製品の販売店またはメーカーにお問合せください。

処理費用

対象家電を廃棄する場合は、各メーカーが公表しているリサイクル料金が必要となります。

リサイクル料金
区分 必須  リサイクル料金
エアコン 概ね990~2,000円
テレビ 概ね1,320~3,700円
冷蔵庫・冷凍庫 概ね3,740~5,600円
洗濯機・衣類乾燥機 概ね2,530~3,300円

また、郵便局の振込手数料、廃棄を依頼する小売業者等の収集運搬料等が別に必要となる場合があります。

家電4品目の廃棄の仕方

買い替えのとき

対象家電の買い替え(テレビを購入し、不要となったテレビを廃棄する等)のときは、新しい家電を販売した小売業者に不要となった家電を引き取る義務が発生(家電リサイクル法第9条)しますので、小売業者に廃棄をご依頼ください。ただし、リサイクル料金、小売業者の収集運搬料が必要となります。

電気屋さんイメージ

買い替えを伴わず、対象家電を小売業者等に依頼して廃棄したいとき

買い替えを伴わない対象家電の廃棄のみの場合は、次のいずれかの事業者にご依頼ください。ただし、リサイクル料金、小売業者の収集運搬料が必要となります。

所有者自らが、家電を適法に廃棄したいとき

家電小売事業者等に廃棄を依頼せず、所有者自らが廃棄するときは、次の手順により、適法に処理することとなります。ただし、リサイクル料金、郵便局の振込手数料が必要となります。

  1. 廃棄する家電のメーカー名、製品名、型番をメモします。
    テレビの場合は画面の大きさ(インチ)、冷蔵庫の場合は容量(リットル)が必要です。
  2. メモを持って、最寄の郵便局で、リサイクル料金・振込手数料を支払います。
  3. 家電リサイクル券を家電の右側面上部に貼付ます。
  4. 最寄りの指定引取場所(下記参照)に運搬します。

最寄りの指定引取場所

※指定引取場所の営業時間は各々、確認ください。

  • (株)藤田商店
    所在地:桐生市境野町7丁目1813番地57  電話:0277-43-5283
  • 三共運送(株)  藪塚倉庫
    所在地:太田市大原町2260  電話:0277-78-7559
  • (株)共同陸運
    所在地:栃木市岩舟町静和474-4  電話:0282-28-6320

掲載日 令和5年12月22日 更新日 令和6年1月25日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
生活環境部 クリーン推進課 クリーン推進担当
住所:
〒326-8601 栃木県足利市本城3丁目2145番地
電話:
0284-20-2141
FAX:
0284-20-2140

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています