このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  産業・観光 >  農林業 >  農林整備 >  林政・獣害対策

林政・獣害対策

前ページ 1 2 次ページ
ツキノワグマの対応について 産業観光部 農林整備課 林政・獣害対策担当
ツキノワグマにご注意ください 足利市の山間部の一部にはツキノワグマが生息しており、低頻度ではありますが、目撃情報や、痕跡が報告されます。ツキノワグマはおとなしい動物ですが、時には人が襲われることもあります。適切な対策をし、クマとの事故を減ら...
森林環境譲与税について 産業観光部 農林整備課 林政・獣害対策担当
「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立し、市町村や都道府県に対して森林環境譲与税の譲与が始まりました。森林環境譲与税は、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てること...
有害鳥獣(イノシシ等)対策費補助金制度 産業観光部 農林整備課
市内の農林地などで発生するイノシシ等による被害を防除するために設置する、電気柵等の材料購入費の一部を補助します。 主な申請対象者について 市内に住所を有し、市税の未納がないこと 経営面積10a以上あり、農家台帳に記載された農業を営む者 ※そ...
林地開発許可制度について 産業観光部 農林整備課
林地開発許可制度について 1ヘクタールを超える森林開発には、森林法第10条の2の規定により、 あらかじめ林地開発許可が必要ですので県南環境森林事務所(0283-23-1441)にお問合せください。 1つの開発面積が1ヘクタール以下であっても...
獣害用電気柵の安全な使用について 産業観光部 農林整備課
獣害用電気柵の安全な使用について 電気柵は野生獣害対策の有効な手段として普及していますが、電気を使用していることから、設置の仕方や使用方法など事故防止に向けた安全確保が重要です。 電気柵を使用する際の注意事項について 取扱説明書等を熟読す...
イノシシの防除について 産業観光部 農林整備課
足利市では、イノシシの効率的な駆除を行なうため、捕獲業務を猟友会に委託し、猟友会の従事者がワナによる捕獲を行なっています。しかし、捕獲頭数の実績は上がってきているにもかかわらず、繁殖能力・身体能力が高いイノシシの被害防止対策には苦慮してい...
ツキノワグマ出没(目撃)情報 産業観光部 農林整備課
出没(目撃)日時 令和6年1月22日不明 足利市名草下町自治会館から北側200m付近でツキノワグマのものと思われる痕跡がありました。 令和5年12月25日午後5時ごろ 足利市名草下町自治会館から北側300m付近でツキノワグマらしき獣の目撃情...
イノシシ出没情報 産業観光部 農林整備課 林政・獣害対策担当
イノシシとのトラブルを防ぐためにお願いしたいこと イノシシとの事故を防ぐために 足利市内の山間地や河川敷は、イノシシの生息地です。このため、山の中や河川敷でばったり出会ってしまう可能性があります。えさを与えると人に慣れることがあります。絶対...
サル出没情報 産業観光部 農林整備課
出没(目撃)日時 令和4年7月23日 午前6時00分ごろ 名草上町地内の一般住宅の屋根上、田畑において、サル約10頭の目撃がありました。 令和4年7月22日 午前9時00分ごろ 名草上町地内の一般住宅の屋根上、田畑において、サル約10頭の目...
カモシカ出没(目撃)情報 産業観光部 農林整備課
出没(目撃)日時 令和3年4月28日 午前8時00分ごろ 足利市今福町浄水場付近でカモシカが目撃されました。危険ですので近寄らないように注意してください。
死亡した野鳥にご注意ください 産業観光部 農林整備課
国内で高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されています。 これまでのところ、本市においては鳥インフルエンザによる感染例は確認されておりません。 鳥インフルエンザは、通常の生活では鳥から人に感染しないと考えられており、過度に心配する必要はあり...
伐採届の提出について 産業観光部 農林整備課
森林の立木を伐採する時は、森林法第10条の8の規定に基づき、無秩序な伐採で森林の大切な働きが失われることが無いようにするため、目的・面積・本数・材積に関係なく森林が所在する市町村長へ伐採届の提出が必要です。 伐採及び伐採後の造林の届出等の制...
足利市森林整備計画 産業観光部 農林整備課
足利市森林整備計画は、栃木県知事がたてる「渡良瀬川地域森林計画」に適合して、足利市が5年ごとに作成する10か年の計画で、自治体の森林関連施策の方向や、森林所有者等がおこなう伐採や造林などの森林施業に関する指針等を定めているものです。 令和...
豚熱(CSF)に関する情報について 産業観光部 農林整備課
豚熱(CSF)に関する情報について 豚熱は、豚やいのししが感染する病気であり、強い伝染力と高い致死率が特徴です。日本では家畜伝染病予防法で家畜伝染 病に指定されています。 なお、豚熱は豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。...
前ページ 1 2 次ページ

カテゴリー

最近チェックしたページ