このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらしの情報仕事・働く子育て期女性の就労支援(あしかがおしごと研究所)おしごとコラム先輩ママへOG訪問> 先輩ママへOG訪問 vol.23 住友生命保険相互会社 群馬支社ライズ足利支部 (20代・子ども1人・正社員) 

先輩ママへOG訪問 vol.23 住友生命保険相互会社 群馬支社ライズ足利支部 (20代・子ども1人・正社員) 

働きたいけれど、どう動き出せばいいのかわからない… 
育児と仕事が両立できるのか不安… 
足利市にはどんな職場があるの? 
 
そんな悩みを持つママがたくさんいるのではないでしょうか。 
あしかがおしごと研究所では、実際に育児と仕事を両立している先輩ママにインタビューをしに行きます。そこで聞いたリアルな声をお届けすることで、悩めるママ達の背中を少しでも押すことができるといいなと思っています。 
第23回目の「先輩ママへOG訪問」は、住友生命保険相互会社群馬支社ライズ足利支部(伊勢南町・生命保険業)に正社員でお勤めのAさんです。 
 
 
 
【住友生命保険相互会社群馬支社ライズ足利支部Aさんのプロフィール】 
 

  • 年齢 

20代前半 

  • 住友生命保険相互会社群馬支社ライズ足利支部に勤めての年数 

7か月 

  • 家族構成 

1歳の子と2人家族 

  • 職種または仕事内容 

新契約募集、既契約者サービス活動、それに付随する関連業務、人材の導入


 おしごと年表


Q. 以前のお仕事を退職して、こちらの仕事に就職した理由は何ですか? 
A. これまでは販売関係の仕事を2年していました。でも、前職では時間の関係で正社員からパートになること、子どもの都合で急に休んだり、早退したりするのが難しいことが気になっていました。悩んでいた時に、たまたま友達に誘われてこちらの会社の見学会に参加しました。見学会をきっかけに何回か面接をしていくなかで、福利厚生や給料面、子どもとの時間を作りやすい働き方だったり、子育て中の女性でも、正社員としてキャリアアップができたりする環境に魅力を感じて就職を決めました。

 

HP1

 

Q. 未経験の職種で不安などはなかったですか? 
A. 不安は全然なかったです。もともとチャレンジ精神が強いのかもしれません。「もしかしたら自分に合うかもしれない、やってみなきゃわからないからとりあえずやってみよう」という感じで挑戦してみました。就職を決めるまで、時間をかけて丁寧に面接をしていただいたことも良かったのかもしれません。

 

Q. どんな仕事内容ですか?
A. 主に事業所の職員の方を対象に、商品の案内や加入状況の点検、すでに契約していただいているお客様へのサービス活動、これに付随する関連業務を行っています。事業所の昼食の時間に合わせて営業に行くことが多いです。新契約の募集では、すでに契約しているお客様から紹介をいただいたりします。個人宅に一軒一軒、営業に行って新契約を募集するということはしていません。すでに契約していただいているお客様へのサービス活動は、給付金や住所変更等の手続きや、年に一回契約内容を確認して見直す時間を設けています。 年末には、来年のカレンダーをお渡ししてご挨拶に行くこともあります。 一緒に働きたい方(友人等)や仕事に悩んでいる方の相談にものっていて、人材の募集もしています。

 

HP2

 

Q. 実際に働いてみての感想を教えてください。
A. 大変なことも多くありますが、福利厚生もしっかりしているし、子育てと仕事の両立の職場のサポートや仕事に慣れるまでの支援体制がとても充実していて思っていた以上に安心して働けています。何よりも職場が楽しいです。子育てもしやすくなりました。職場の皆さんは、育児経験のある女性ばかりで子育てと仕事の両立に理解があって、サポートが本当に手厚くて温かいのでありがたいです。また、自分の頑張りが、お給料や表彰で評価してもらえることも良いです。評価されるのは、契約件数だけではなく、入院などの手続きを速く正確にできたか、お客様に沿った保険商品の案内ができたか、などです。会社の基準を満たすことで基本給にプラスして実績給がもらえますし、頑張りを評価されれば表彰してもらえます。どこまで頑張るかは自分で選べるので、子どもが大きくなったらもう少し頑張ろうというような柔軟な働き方もできます。
実は、私の母はこちらに就職することを最初は反対していたのですが「とりあえず私はやってみるから」とこの仕事を始めました。でも、今は頑張っている私を見てすごく応援してくれているんですよ。
 
Q. 仕事のやりがいはどんなところですか?
A. 営業をして、保険の大切さに気付いてもらえた時は頑張って良かったなと思います。「保険は将来のために大切なことだから、真剣に考えて欲しい」と思って話していても、契約までいくのは大変なことです。うまくいくことばかりではないですが、お客様の役に立つことができたときに「ありがとう」と言ってもらえたり、お客様の心境の変化を感じることができたりすると嬉しいです。お客様から「頑張ってね」や「頑張っているね」と言ってもらえることも働く力となります。 目の前のお客様の人生を守るために、近くでずっと見守っていけるということがこの仕事のやりがいだと思っています。

 

Hp3

   

Q. 生命保険業は大変だと思うのですが、仕事で気持ちが落ち込んでしまうことなどはないですか?
A. ありますよ。うまくいかなかった時に、落ち込んでその気持ちを引きずることもありました。
でも、すぐ切り替えるようにしています。職場の方も私の相談に乗ってくれて、フォローやアドバイスをしてくれます。例えば「タイミングの大切さ」をアドバイスしてもらいました。こちらがどんなに上手に保険の話をさせていただいたとしても、心境が変化したり、契約したりするかどうかはお客様のタイミングだということです。そのお客様のタイミングを逃さないように、状況を見ながら声をかけ続ける大切さを教えていただきました。
 
Q. お子さんの保育園はどのように探しましたか? 
A. 以前は、隣県にある家の近くの保育園に入園していました。でも最近は職場のある足利市内の保育園に入園し直しました。職場に子どもを連れてきて一緒に仕事をすることもできるので、職場が近い方が便利だと思ったからです。家からは遠くなりますが、送り迎えの道中一緒にいられる時間は長くなります。園を決めるときは、同僚のお子さんも通っている保育園を見学しました。見学や園探しも上司がついてきてくれたので心強かったです。

 

HP4

 

Q. 急に仕事を休んだり、早退したりする場合は、どうしていますか?
A. 子どもが体調を崩すとやっぱり焦りますが、お休みも早退もしやすいです。そんなときでも上司は子どもと私の体調を心配してくださいます。子どもの体調不良でお迎えの連絡があったけれど、どうしても私がお迎えに行けなかったときには、上司が代わりに保育園へ行ってくれたこともあったんですよ。
もし、お客様との打ち合わせがあった時は、まず事情を話して日程を再調整させてもらっています。家で出来ることがあれば、上司にアドバイスをいただきながら家で仕事をすることもあります。

 

1日のスケジュール

 

Q. 家事と育児、仕事はどのようにやりくりしていますか?
A. 以前は私の母と一緒に暮らしていましたが、最近子どもと二人だけで暮らすようになりました。会社から自宅までが少し遠くて時間がかかるので、平日は夕飯を買ったり、冷凍したものを温めて食べています。最近は上司から聞いた「作り置き」にチャレンジしています。
 
Q. お休みの時はどうしていますか?息抜きなどされてますか?
A. 土日祝日や、お盆休み年末年始など長い休みの時は、子どもとの時間を最優先に考えて、一緒におでかけしたり公園に行ったりして過ごしています。
日々大変ですが、子どもが寝ているときや仕事の時間は一人時間だし、仕事はある程度自分で決めて動くことができるので、今は無理をせず働くことができています。
息抜きは「推し活」です!好きなアーティストの動画を隙間時間に見ていますね。あとは、もし土曜日等に出勤することになったら平日にお休みをいただくことができます。平日のお休みは自分の時間として活用して、土日のお休みでは子どもを両親に預けてライブにも行けたらいいなと思っています。

 

HP5

 

Q. 子育てとの両立で苦労している点はありますか? 
A. まだまだ子どもが1歳で体調を崩しやすいので、仕事が思い通りにいかなくなってしまったり、子どもから私に感染してしまったりすることです。私の体調管理に少し苦労しています。

 

Q. これから働きたいと思っているママへアドバイスをいただけますか? 
A. 子どものことや職場のこと等、まず不安があると何もできないと思います。「とにかくやってみよう」とチャレンジ精神を持ってやってみることが大事です。すぐに自分に合うか合わないかはわからないし、それがわかるまで1~2年かかるかもしれない。でも、始めてみないと何もわかりません。
私はこちらの会社で働く上で、福利厚生もしっかりしているので子育てとの両立に関して何の心配もありません。周囲の理解やサポートがあって安心して働くことができています。まずは、やってみてください。

 

 HP6
 


[インタビュアー感想] 
足利駅南口のそばのビルに入っている住友生命保険相互会社群馬支社ライズ足利支部さん。入口にかわいらしいウェルカムボードがあり、とても清潔感のある明るい職場でした。それぞれの机の上や共有の棚なども整理整頓されていて、落ち着いた雰囲気です。

HP6

20代前半のAさんは、フレッシュで明るく、一生懸命話してくださる姿勢が印象的です。事前の打ち合わせの際に上司の方が言っていた「若いけど年齢じゃない。頑張っているAさんを応援している」という言葉から、上司と部下という関係を超えた温かい雰囲気を感じました。
インタビューを通して、Aさんと1歳のお子さんを、職場の方がみんなでサポートしている様子がうかがえて、なんだかほっこりとした気持ちになりました。仕事はどんな職業でも大変ですが、親になって働くということは、どうしても単身だったときと違う大変さがあります。子どものことで、急に休んだり、休みが続いてしまったりするたびに「すみません」と何度も頭を下げ、肩身が狭い思いをすることもあるのではないでしょうか。子育てだけでなく、病気療養や持病、介護など個人的に様々な事情を抱えている方もいると思います。どんな理由がある人でも、「働きたいけど自分が思うように働けない」そんな時に、今回の職場の皆さんのような理解やサポート、フォローが広がっていったらいいな…という思いを抱いたインタビューとなりました。
 
 
【企業情報】 
社名住友生命保険相互会社
設立1907年
従業員数44,049人 
住所大阪府大阪市中央区城見1-4-35 
TEL06-6937-1435 
ホームページ  http://www.sumitomolife.co.jp/  

取材先群馬支社ライズ足利支部(足利市伊勢南町) 
設立2006年  
従業員数18人 
住所栃木県足利市伊勢南町1-21階 
TEL0284-44-0813 

インタビュアー:あしかがおしごと研究所協力メンバーT.G 


掲載の内容は2023年11月現在のものです 

 


掲載日 令和6年2月29日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
産業観光部 商業にぎわい課
住所:
〒326-8601 栃木県足利市本城3丁目2145番地
電話:
0284-20-2158
FAX:
0284-20-2155
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています