このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらしの情報家庭の水道・下水道お知らせ> 有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)の検査結果について

有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)の検査結果について

足利市水道水における有機フッ素化合物PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)及びPFOA(ペルフルオロオクタン酸)の検査結果について

【PFOS及びPFOAについて】

PFOSとPFOAは、人工的に作られた数千種類ある有機フッ素化合物(PFAS)の中で、代表的なものです。

PFOSについては、半導体用反射防止剤・レジスト・金属メッキ処理剤、泡消火剤などに、PFOAについては、フッ素ポリマー加工助剤、界面活性剤などに主に使われてきました。また、難分解性、高蓄積性、長距離移動性という性質があるため、現時点では北極圏なども含め世界中に広く残留しています。

人の健康への影響は、どの程度の量が身体に入ると影響が出るのかについてはいまだ確定的な知見はなく、現在も国際的に様々な知見に基づく検討が進められています。環境省は厚生労働省と連携し、最新の科学的知見に基づき、暫定目標値の取扱いについて、専門家による検討を進めています。

 

【検査について】

令和2年4月より水質管理目標設定項目に有機フッ素化合物(PFOS及びPFOA)が追加され、これにより、本市も検査を実施しています。

結果につきましては、下記のとおり国が示した目標値(暫定)を下回っています。

※目標値(暫定)はPFOS及びPFOAの量の和として1リットル当たり50ナノグラム(50ng/L)以下です。(1ng=0.000001mg)ナノ:10億分の1

 

pdf検査結果(pdf 126 KB)(令和2年度~令和5年度)

 

検査の結果、足利市の水道水は、国が示した目標値(暫定)を下回っていますので、ご安心して水道水をご利用ください。

今後も水質の適切な監視に努め、安心安全な水道水をお届けしてまいります。

 

【注意】

※足利市では本件に関し、お客様(市民等)に対し、調査依頼や浄水器の販売等で訪問することはございませんのでご注意ください。

※不審な者が訪問してきたときは、身分証の提示を求めたり、名刺等をもらうようにしてください。


掲載日 令和5年9月15日 更新日 令和6年2月29日

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています