このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉国民年金国民年金制度> 国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

  次世代育成支援の観点から、国民年金第1号被保険者が出産を行った際には、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が始まりました。

 

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下、産前産後期間といいます。)の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠(双子、三つ子 など)の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)


免除の対象となる方

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方


届出時期(申請方法)

出産予定日の6か月前から申請できます。
 

申請書は、保険年金課国民年金担当(本庁舎1階15番窓口)各地区公民館(織姫・助戸を除く)、または お近くの年金事務所の窓口に備え付けとなります。

日本年金機構のホームページからもダウンロード(プリントアウト)することができます。


お問い合わせ

 

日本年金機構栃木年金事務所(0282-22-4131)までお問い合わせください。

 
* 詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧ください。

                      pdf産前産後期間の免除制度Q&A(pdf 66 KB)       こちらもご覧ください

 


掲載日 令和5年2月1日 更新日 令和5年12月15日
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
生活環境部 保険年金課
住所:
〒326-8601 栃木県足利市本城3丁目2145番地
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています