ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本墨画 天変地異図(田崎草雲筆) (しほんぼくが てんぺんちいず たざきそううんひつ)

紙本墨画 天変地異図(田崎草雲筆) (しほんぼくが てんぺんちいず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

 天変地異図

 縦 16.5cm / 横 289.5cm  江戸時代

  暴風雨で家屋が倒壊し横なぐりの風雨を寺の門前で避難する女性達、洪水のため浸水した往還に舟がはしるさま、
足の踏み場もないほど家財が散乱した部屋内に提燈をもって捜す男など、江戸浅草周辺の被害惨状を、
墨筆で素描したものを、絵巻物風に仕立ててある。

 その描写はきわめて具体的で真に迫り惨状を区々によく把えており、なかなか筆法も的確である。