ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 田沼家住宅 主屋・土蔵・表門・外塀・稲荷社 (たぬまけじゅうたく しゅおく・どぞう・おもてもん・そとべい・いなりしゃ)

田沼家住宅 主屋・土蔵・表門・外塀・稲荷社 (たぬまけじゅうたく しゅおく・どぞう・おもてもん・そとべい・いなりしゃ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月14日更新

田沼家住宅 主屋

 田沼家は江戸中期から現在地に住居を構え、名主を勤めた旧家です。明治以降も地域の素封家として格式ある家柄を保ってきました。

 主屋も伝承では江戸中期に建築したと言われている。

 薬医門形式の表門と、江戸中期の創建とされる式台をもつ主屋との構成は、格式ある名主屋敷の構えを今に伝えます。

 明治27年に現在の形に改修されていますが、名主屋敷当時の様子を良く残す、足利でも数少ない貴重な遺産といえます。