ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 刀銘 下野住佐藤吉房 (かたなめい しもつけじゅうさとうよしふさ)

刀銘 下野住佐藤吉房 (かたなめい しもつけじゅうさとうよしふさ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

下野住佐藤吉房

 長さ69.2cm/反り2.1cm   昭和時代

 佐藤吉房は、玉鋼を用い松炭で焼き、造り込みは甲伏せ鍛えを得意としている。

 この刀は、身幅広く豪壮な造り込みで姿よく、刃文は互の目丁子で、錵匂深く、砂流しを交え、地鉄もうるおいがあり傑作である。