ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 石造卒塔婆(せきぞうそとうば)

石造卒塔婆(せきぞうそとうば)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

石造卒塔婆

総高 134.0 / 塔身高 118.0

幅 40.0  厚み17.0 南北朝時代

 凝灰岩製で、台石(基礎)上に扁平な板状塔婆を立てる。塔身の前面を空・風・火・水・地の五輪形に浮彫し、

  正円状の水輪に種子(アクか)を彫り、背の高い地輪には「頼教定阿妙慶行祐遍口・・・・為地蔵講衆延文五庚子・・・・」の

  7行70字の銘を刻む。形状珍貴で、保存もよい。「稚子の碑」といわれ、都より鶏足寺にきて住していた稚子と土地の娘との

  悲恋物語をいまに伝えている。