ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本著色 山水図(長尾景長筆) (しほんちゃくしょく さんすいず ながおかげながひつ)

紙本著色 山水図(長尾景長筆) (しほんちゃくしょく さんすいず ながおかげながひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

山水図(長尾景長筆) 認定重要美術品

縦99.0センチメートル、横47.5センチメートル、室町時代

 秋の景色を描いた山水図。

 天をつくように突き出した山、渓谷にそびえる楼館など、幽境(仙人の住むような場所)を描く筆法は的確で、優れている。

 これを描いた長尾景長は、足利長尾氏三代目で、両崖山城主である。