ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 太刀銘 長光(平安城) (たちめい ながみつ へいあんじょう)

太刀銘 長光(平安城) (たちめい ながみつ へいあんじょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

長光

 長さ71.5cm/反り2.2cm 室町時代

 鎬造、庵棟、鎬高く、細身、反り高く、重ねが厚い。
小鋒。地大板目流れ肌立ち、淡い地映りが立ち、小沸厚く、刃文直刃下半は盛んに刃縁ほつれ、上半は互の目小足入る。
帽子表大丸、裏尖って返り深い。生ぶ中心、鑢目勝手下り、鎺下棟寄りに大きく、「長光」と2字銘がある。

室町時代初期、平安城派の優作である。藍韋巻柄の打刀拵が添えられている。