ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 刀銘 陸奥守藤原将應 (かたなめい むつのかみふじわらまさのり)

刀銘 陸奥守藤原将應 (かたなめい むつのかみふじわらまさのり)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

 長さ72.4cm/反り1.5cm  江戸時代

 地鉄もよく錬れて板目鍛えで、刃寄りに柾がかり刃文は直刃であるが、鍛え目に沸がからみ、
また金筋のごときものが走り、帽子は小丸に返って上手である。

 また目くぎ穴2個あるのは、3cmほど区送りもしたものと思われるが、刀姿は悪くなっていない。

 銘は表「陸奥守藤原將應」とあり、稲垣元左衛門と称した二代陸奥守藤原將應の作である。