ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 松村家住宅 主屋・内蔵・表門 (まつむらけじゅうたく しゅおく・うちぐら・おもてもん)

松村家住宅 主屋・内蔵・表門 (まつむらけじゅうたく しゅおく・うちぐら・おもてもん)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月14日更新

松村家住宅

 建物はいずれも大正14年に4代松村半兵衛が建てたものです。

 主屋は四つ間取りの座敷3方向に廊下を廻し、天井を高くし、欄間(らんま)をおくなど、大正から昭和にかけての洒落(しゃれ)た市街地和風住宅の特徴が見られます。

 内蔵は、地下1階、地上2階の3層構造となっています。

 築地塀(ついじべい)に囲われた屋敷内は、樹木や灯籠(とうろう)、手水(ちょうず)、石組等で趣のある内庭を構成しています。