ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 旧岡崎家住宅 隠居屋・石蔵

旧岡崎家住宅 隠居屋・石蔵

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月14日更新

旧岡崎家住宅 隠居屋

 初代岡崎治三郎は、明治28(1895)年に通3丁目で生糸商を始め、足利町会議員、足利市会議員、織物同業組合役員、足利銀行役員などを歴任して足利市の発展に貢献した人物です。

 隠居屋は、息子の岡崎信次郎(2代目治三郎)が、昭和11(1936)年に母スイのために建てたものです。1、2階とも、南側に和室2室を配し、廊下及び連続したガラス障子を廻らしています。1階玄関脇にはマントルピースを作り付けた洋室があり、典型的な和洋併置型の近代和風建築です。平成になり台所や浴室など一部改修されていますが、当初の造作はおおむね良好に維持されています。

 石蔵は,昭和5(1930)年の建築で、東面に桟瓦葺の下屋(吹放しの庇)を張り出し、外装に大谷石を積んでいます。内装は1、2階共に西側が作り付けの木造の物入れで、それ以外を漆喰壁としており、小屋組はキングポストトラス構造となっています。市内の石積蔵として希少であり、建物全体として建築当初の様子を良く残しています。