ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紺縮崩織着物 (こんちぢみくずしおりきもの)

紺縮崩織着物 (こんちぢみくずしおりきもの)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

紺縮崩織着物

 江戸時代

 亀田家は江戸時代末期から織物業を営み、その頃に織った紺縮を単衣着物に仕立てたものである。

 原糸は錦和糸(紺糸)と絹糸(青色)をもちい、織り方は平組織の四崩織である。
緯糸の綿糸には強撚が施されるしぼ取り仕上げになっている。染は絹綿共に天然藍染で、
深い藍色は殆んど変色していない。

 明治、大正、昭和にかけて足利の特産品となった絹綿交織物の典型を示す織物である。