ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本墨画淡彩 寒江独釣図(田崎草雲筆) (けんぽんぼくがたんさい かんこうどくちょうず たざきそううんひつ)

絹本墨画淡彩 寒江独釣図(田崎草雲筆) (けんぽんぼくがたんさい かんこうどくちょうず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

絹本墨画淡彩 寒江独釣図(田崎草雲筆)

縦149.0センチメートル、横70.4センチメートル

 山を背後に控える凍てつくような水面に、一隻の釣舟がひっそりと停泊しているさまを描いたもので、作者である田崎草雲の好んだ画題。

 「墨は五彩なり」と言われるように、墨の濃淡を駆使して静寂感、寂寥感を画面全体に漂わせている。

 舟の縁や張り出した樹木の上辺を白く塗り残すことで、雪の積もった状態を表現しており、草雲が描く山水画の境地を示す作品である。