ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本着色 花鳥図(岡本秋暉筆)(けんぽんちゃくしょく かちょうず おかもとしゅうきひつ)

絹本着色 花鳥図(岡本秋暉筆)(けんぽんちゃくしょく かちょうず おかもとしゅうきひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

kachouzuokamoto

縦 130.0 / 横 51.0  江戸時代 

岡本秋暉は江戸の人、大西圭斎に師事し、圭斎没後、渡辺崋山に学び筆技おおいに進み、

特に花鳥画をもって一家をなした。

のちに故あって、小田原藩、大久保候に仕えた。

夫人は、上州矢場川村大町、斎藤の女で、この図は斎藤家に寄寓中の作である。

孔雀は、秋暉の最も得意とするもので、雌雄を鋭い筆致で描き、岩下にバラの花を配し岩絵具を巧みに使用している。

孔雀の尾羽根の宝珠は特に色調美しく、構図もすぐれている。