ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 原田家住宅 店舗・主屋 (はらだけじゅうたく てんぽ・しゅおく)

原田家住宅 店舗・主屋 (はらだけじゅうたく てんぽ・しゅおく)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月14日更新

原田家住宅・柳田家住宅

 原田家は、明治30年頃開業した生糸・撚糸(ねんし)を扱う織物原料糸商でした。

 現在残されている店舗は大正9年頃の建築といわれ、明治から昭和初期にかけて多く建てられた切妻(きりつま)平入2階建て、下屋(げや)付き店舗の形式を良く残しています。また、昭和17年建築の主屋も、戦前の中廊下式和風住宅の形式を留めています。

 昭和53年、旧国道50号線の拡幅に伴い、約4m曳家(ひきや)移築されました。

 隣接する柳田家住宅とともに、織物の町として繁栄した足利における、通り沿いに商家が建ち並ぶ景観を残す建物として貴重です。