ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 史跡足利学校『論語体験プログラム』をご利用ください!

史跡足利学校『論語体験プログラム』をご利用ください!

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月1日更新

 

事業名

『論語体験プログラム』 


 史跡足利学校では、孔子の教えである論語(ろんご)を、参加者全員が大きな声を出して読む素読(そどく)体験プログラムを行っています。

 

事業内容(ここがすごい!)

◎孔子の教えである「論語」の素読を行って、「思いやり」や「中庸」の心を学びます。
◎日本最古の学校を見学して、江戸時代中期からの歴史ある学校の姿を知ることができます。
◎小・中学生の方は、クイズラリーで問題を解きながら、足利学校について学ぶことができます。

 講師は、史跡足利学校論語素読運営委員会委員長の飯野紀一さん、副委員長の石川博右さん、同委員の安倍昌司さん、新島弘子さん、植野栄基さん、青木文夫さん、小鮒一明さん、久保田弘子さんの8人が交代で務め、論語についての簡単な説明の後、論語の一節を参加者とともに読み上げます。

学生の遠足や校外学習、団体の研修にぜひご利用ください!

体験プログラム

▲論語素読体験の様子。参加される学校や団体に応じた内容で、論語や孔子の教えを説明します。
  1回の論語素読体験の所要時間は、約30分です。

 ※十分な感染症対策を行い、実施します。

申込方法

◎史跡足利学校事務所に、申込書を提出(約1ヶ月前)

◎参加費用:1回 2,000円(別途参観料が必要。小・中学生:無料・一般:420円・高校生:220円)

◎1回の定員30名程度(30名以上の場合は、数回に分けて実施)

 

論語体験プログラム申込書 [PDFファイル/62KB]

論語体験プログラムチラシ [PDFファイル/375KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)