ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消費生活センター > 特殊詐欺にご注意ください!! 

特殊詐欺にご注意ください!! 

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月16日更新

 令和3年中に足利市内で15件の特殊詐欺が発生し、約2,500万円の被害がありました。前年と比べて減少はしたものの、引き続きご注意ください。

 

1.発生状況

(1)栃木県

135件 約2億7100万円

(手口別:オレオレ詐欺41件、預貯金詐欺21件、架空請求14件、還付金詐欺3件、キャッシュカード詐欺盗52件、その他4件)

 

(2)足利市

15件 約2500万円

(手口別:オレオレ詐欺5件、預貯金詐欺2件、キャッシュカード詐欺盗8件)

 

2.はやりの手口

オレオレ詐欺

息子や孫、警察官などをかたって電話をかけ、親族が当事者となった事故・事件などのトラブル解決金を名目として、金銭をだまし取る。

キャッシュカード詐欺盗

警察官や金融機関職員などをかたって電話をかけ、「キャッシュカードが不正に使われている」などと言ってカードを準備させる。自宅を訪れ「新しいカードにするまで封印を」などと言ってカードを封筒に入れさせ、家人の隙を見て別のカードが入った封筒とすり替えて盗む。

預貯金詐欺

警察官や金融機関職員などをかたって電話をかけ、「口座が犯罪に利用されている。キャッシュカードの交換が必要」といった名目でカードや通帳をだまし取る。

 

3.対策

(1)犯人からの電話に出ない

被害の約9割は固定電話にかけられたアポ電から始まっており、留守番電話や防犯機能付き電話機を利用し、犯人からの電話に出ない。

(2)個人情報を言わない

警察官や銀行員を名乗っていても、暗証番号、住所、連絡先、家族構成など、個人情報は絶対に教えない。

(3)身に覚えのないメールやはがきは無視する

お金を要求されても、慌てず、家族に相談して、身に覚えがなければ連絡しない。

 


 

 困ったときはお電話ください!

 足利警察署 Tel:0284-43-0110

 警察安全相談 #9110

 足利市消費生活センター Tel:0284-73-1211

 

特殊詐欺対策電話機等購入費補助金についてはこちら