ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 公共施設整備課 > 新市民会館整備について

新市民会館整備について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月1日更新

今後の予定について

 足利市民会館は、昭和41年の開館から長きにわたり、本市の芸術・文化活動の拠点施設として、多くの方に利用されてきましたが、令和3年6月末に惜しまれつつ閉館いたしました。
 現在、新たな市民会館の整備に向けた検討を進めており、令和3年2月には、その建設候補地を市民プラザ敷地とし、既存の建物を順次建替えながら整備を進める方針としました。その後、周辺交通環境への影響など、様々なご意見が寄せられたことから、今後は、それらの整理すべき課題についてさらに検討を進める予定です。それと並行して、新市民会館に求める機能やその規模についての検討も進め、新市民会館整備の基本方針となる基本構想を策定してまいります。

基本構想について

 令和5年3月を目途に基本構想を策定できるように事務を進めてまいります。
 基本構想の策定にあたっては、市民の方にご参加いただく場を設けます。詳細については、随時HP・あしかがみ等でお知らせしてまいります。

(仮称)新足利市民会館整備基本構想中間報告について

 平成30年11月に取りまとめた(仮称)新足利市民会館整備基本構想中間報告は、次のとおりです。今後、市民の方の参画をいただきながら、基本構想の策定を進めていく際の基礎資料とします。

(仮称)新足利市民会館整備基本構想策定市民検討委員会について

詳細は、こちらのページをご覧ください。

新しい足利市民会館の基本構想策定に向けた市民ワークショップについて

詳細は、こちらのページをご覧ください。

新しい足利市民会館の基本構想策定に向けた市民アンケートについて

詳細は、こちらのページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)