ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 市内入所系社会福祉施設等に新型コロナウイルス感染予防の普及啓発を行いました

市内入所系社会福祉施設等に新型コロナウイルス感染予防の普及啓発を行いました

印刷用ページを表示する掲載日:2021年1月28日更新

社会福祉施設等に新型コロナウイルス感染予防の普及啓発を実施

 政府による緊急事態宣言が栃木県に発出される中、市内の社会福祉施設等においてクラスターが複数発生していることから、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として、市内の社会福祉施設等に対し、感染予防の普及啓発及び注意喚起を行いました。

対象施設

市内の高齢者福祉、児童福祉、障害福祉の入所施設 164か所

実施状況

 訪問した福祉指導員(市職員)は感染対策を万全にし、施設内には入らず玄関先で感染予防への取組みに感謝の気持ちを伝えるとともに、本市や両毛地区の感染状況とリーフレットを配布し、感染防止の注意喚起を行いました。

   普及啓発写真   

感染拡大防止リーフレット

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)