ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民スポーツ課 > 【夜間学校体育施設開放】ご案内

【夜間学校体育施設開放】ご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2022年1月21日更新

夜間学校体育施設開放の利用について [PDFファイル/210KB]

目的

 学校体育施設(体育館・武道場・校庭)をスポーツ・レクリエーション活動の普及・推進のため、学校教育活動に支障のない範囲で開放すること。

学校開放対象校・施設および料金

 学校開放対象校・施設および料金 [PDFファイル/48KB]
 

利用できる団体

  1. 足利市内に在住か在勤・在学している者10名以上(監督者として成人が含まれる団体に限る)で構成する団体
  2. 教育委員会の登録を受けた団体

  → 登録申請の詳細はこちら
 

利用期間・時間

 
施設名体育館武道場

校庭(筑波小・第一中・坂西中)

校庭(左記3校以外)
 期間

 4月 ~ 翌年3月

 5月 ~ 10月 ※
 時間(大学生以上)

 午後6時30分 ~ 午後9時30分

 時間(小中高校生以下)

 午後6時30分 ~ 午後8時00分 (1~3月は午後6時30分~午後7時30分)

 開放日

 月曜日 ~ 土曜日

 開放を行わない日
  • 日曜日
  • お盆期間【8月13日~16日】
  • 年末年始【12月29日~翌年1月3日】
  • 行事など、各施設が使用できないと指定した日
  • 足利市または足利市教育委員会の行事で使用する日

※校庭を利用する小中高校生以下の団体は、その活動を支援する目的で、希望団体に限り年間開放を行っています。

施設利用上の注意

 厳守事項

(1) 利用時間の厳守 ※午後9時30分(小中高校生以下は午後8時)は完全消灯時刻
(2) 学校敷地内禁煙・飲食の禁止(水分補給は可)
(3) 利用後の清掃・原状復帰・戸締り・消灯
(4) ゴミの持ち帰り
(5) 許可された施設外への立入禁止
(6) 学校・市民スポーツ課からの指示事項厳守

お願い・お知らせ

(1) 小中高校生の利用にあたっては、体力・健康面に注意するとともに、防犯上送迎の確保等に配慮願います。
(2) 駐車場での事故や設備・備品等を破損した場合、市民スポーツ課は一切の責任を負いません。団体の責任とします。
(3) 設備等を破損してしまった場合は応急処置をし、利用翌日に市民スポーツ課・学校に必ず連絡してください。
(4) 活動中の怪我や財物賠償等に備え、スポーツ安全保険への加入をおすすめします。
 

利用の流れ

毎月の利用の流れ

毎月の流れ

1 仮日程表の確認・修正依頼 【毎月15日前後】

  • 市民スポーツ課が先月の予定を基に作成した「仮日程表」を確認
  • 日程に変更がある場合、期限内に 電話・メール・FAX いずれかの方法で報告
    ※仮日程表に変更があった場合のみ「正式な日程表(本日程表)」を送付します(毎月25日前後)。
    ※変更がなかった場合(本日程表の送付がなかった場合)は仮日程表通りにご利用ください。

2 施設の利用

「施設利用上の注意」の記載事項を厳守し利用

3 実績報告書・利用取消届の提出 【利用した翌月の10日頃までに

「実績報告書」と「利用取消届」を、メール・FAX・郵送・市民スポーツ課窓口 いずれかの方法で提出
※メールの提出は画像(記入したものを撮影し添付)可提出
※実績報告書・利用取消届は足利市公式HP(市民スポーツ課)からダウンロード可

4 電気代等実費額の納付 【利用した翌々月の10日頃までに】

市民スポーツ課が実績報告書を基に作成・送付した「納付書」を持参し、下記施設で料金を納付

 
市民スポーツ課市民スポーツ課窓口(教育庁舎3階)
各公民館織姫・助戸公民館を除く15公民館
金融機関足利銀行、みずほ銀行、群馬銀行、東和銀行、栃木銀行、桐生信用金、足利小山信用金庫、中央労働金庫、足利農業協同組合、関東各都県及び山梨のゆうちょ銀行・郵便局(期限内)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)