ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > マスクをつけられない方へのご理解をお願いします

マスクをつけられない方へのご理解をお願いします

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月24日更新

マスクをつけられない方がいます

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策の1つが、マスクを着用することです。

しかし、発達障がい、感覚過敏、脳の障がい、皮膚の病気、呼吸器の病気など、さまざまな原因で、マスクをつけると肌に痛みを感じたり、気分が悪くなったり、体に異変が生じてしまうため、マスクをつけたくてもつけられない方がいます。

社会全体の理解が必要です

マスクの着用が当たり前となった今、マスクをつけていない人を見たら、まずは「何か事情があるのかもしれない」と想像してみてください。

障がいや症状があってマスクをつけられない人がいることを知り、その特性や事情を理解し、お互いに思いやりの心をもって過ごしましょう。

意思表示をして理解してもらうことができます

障がいや病気などでマスクの着用が困難な方は、「マスクをつけられません」と周囲にお知らせをする意思表示カードなどを携帯し、理解してもらえるように工夫する方法があります。

意思表示カードなどは、インターネット上でダウンロードできるものもあります。

参考ホームページ「わけがありますくプロジェクト」(※スマートフォンのみ閲覧できます)