ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康増進課 > 2022年度健康マイレージ Q&A

2022年度健康マイレージ Q&A

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月1日更新

<参加資格について>

 Q.群馬県○○市に住んでいる者ですが、足利市の事業所で勤務しています。参加できますか?

 A.足利市に在勤・在学していれば参加資格があります。ぜひご参加ください。

   また、当選した景品は郵送でのお届けとなりますので、ポイントカードにはご自宅の住所を記入してください。

 

 Q.東京に住んでいる息子を参加させたいのですが?

 A.参加できるのは足利市民および市内に在勤・在学の方ですので、参加することはできません。

 

 Q.10月に足利市に転入してきたのですが、参加できますか?

 A.ぜひご参加ください。ただし、ポイントが付けられるのは転入日以降の日付になります。

 

 Q.ポイントを貯めていたのですが、足利市から転出することになりました。応募できますか?

 A.足利市民ではない場合、足利市内に在勤・在学していない場合には、参加資格はなくなります。

   もし30ポイント貯まったカードがありましたら、転出までにぜひ応募してください。

 

<自己申告ポイントについて>

 Q.ポイントは1日何ポイントまで付けられますか?

 A.1日に獲得できるポイントは「歩」で1ポイント、「ス」で1ポイントまでとなっています。

   例えば以下のような場合、獲得できるのは2ポイントとなります。

   朝、ラジオ体操をした ⇒ 「ス」1ポイント

   昼休みに散歩をした ⇒ 「歩」1ポイント

   夕方、サッカーをした ⇒ 「ス」は既にポイント獲得しているため、ポイントを付けられません。

 

 Q.どのくらい歩けばウォーキングのポイントを付けられますか?

 A.ご自身で歩数や時間の目標を決めて、達成できたら1ポイント獲得することができます。

   人それぞれ目標は異なるため、基準はありません。

 

 Q.目標の歩数はどのくらいが良いですか?

 A.国が示している1日の推奨歩数は、以下のとおりです。

   20~64歳:男性9,000歩、女性8,500歩

   65歳以上:男性7,000歩、女性6,000歩 (健康日本21(第二次)より)

   目標に決まりはありませんが、いつもより少し多く歩くことを意識してみましょう。

 

 Q.目標は1日5,000歩です。今朝6,000歩、夕方7,000歩あるいたので、2ポイント付けていいですか?

 A.1日に獲得できるポイントは「歩」で1ポイント、「ス」で1ポイントまでとなっています。

   1日に2回歩いた、目標の2倍以上歩いた、といった場合も、「歩」で獲得できるのは1日1ポイントまでとなります。

 

 Q.歩数は、歩数計を使ってきちんと計らなければなりませんか?

 A.必ずしも歩数を測る必要はありません。

   ご自身でなんとなく目標達成できたなと感じたら、1ポイント獲得です。

 

   ちなみに、足利市では健康マイレージのスマホ版「足すと」という事業も行っています。

   アプリで歩数をカウントできるほか、獲得したポイントで御褒美ももらえますので、

   スマホをお持ちでしたら、ぜひご活用ください。(健康マイレージと併用できます)

 

 Q.家族3人で散歩に行き、目標の歩数を歩きました。今日はウォーキングで3ポイント付けてもいいですか?

 A.ポイントは1人1ポイント獲得することができますが、他の方と合算することはできません。

   ご家族でも、ポイントカードは1人1枚の使用をお願いします。

   また、ポイントカードは市内32か所で配布しており、足利市ホームページからダウンロードもできます。

   ぜひ周りの方もお誘いいただいて、皆さんでチャレンジしてみてください。

 

 Q.朝、ラジオ体操をしました。ポイントを付けてもいいですか?

 A.ラジオ体操も運動のひとつですので、1ポイント獲得できます。

   身体を動かすことが大切ですので、ご自身が運動だと思ったものに1ポイント付けてください。

 

 Q.健康マイレージを最近知りました。期間をさかのぼってポイントを付けていいですか?

 A.確実に日付がわかるものについては、さかのぼってポイントを付けていただいて大丈夫です。

   例)ウォーキングの記録を付けている、スポーツ大会に参加したなど。

   ただし、虚偽の申告はなさらないよう、ご協力をお願いします。

 

<スタンプについて>

 Q.スタンプ対象の講座に参加したのですが、ポイントカードを忘れてしまいました。ポイントはもらえないのでしょうか?

 A.新しいポイントカードにスタンプを押してお渡ししますので、担当職員にご相談ください。

   また、新しいポイントカードは2枚目のポイントカードとしてお使いいただくか、

   スタンプの部分を切り取って既にお持ちのポイントカードに貼ってください。

 

 Q. スタンプ対象のイベントに参加しました。スタンプは押してもらいましたが、自己申告ポイントはつかないのですか?

 A.スタンプ対象事業に参加していただいた場合、3ポイントのスタンプを押しています。

   これは自己申告ポイント分を含んでいますので、ご自身での記入はしないでください。

 

 Q.栃木県の健康づくりイベントで、とちまる健康シールをもらいました。どうすればいいですか?

 A.とちまる健康シールは、1枚で3ポイント分となります。シールを貼って矢印(→)を引き、ポイント獲得してください。

   とちまる健康シールの対応について [PDFファイル/81KB]

 

<景品について>

 Q.最初に30ポイント貯めたカードをAコースに応募しました。次のカードが30ポイント貯まったのですが、他のコースに応募してもいいのですか?

 A.ポイントカードごとに、それぞれ違うコースに応募していただいてかまいません。

   おひとりさま何回でもご応募できますので、毎日歩いてポイントを貯めていきましょう。

 

 Q.AコースとBコースそれぞれに応募しました。両方もらえる可能性はありますか?

 A.景品は限られていますので、当選は1人につき1度までとさせていただいています。

   抽選もAとBに重複当選しないような方法となっていますのでご了承ください。

 

 Q.「AコースJAお買い物券」はどこで使えますか?

 A.JA足利農産物直売所「あんあん」で使用できます。市内には、以下の5か所があります。

 ・あんあん弥生  足利市弥生25(JA足利本所敷地内)

 ・あんあん五十部 足利市五十部町388-1

 ・あんあん百頭  足利市百頭町2104-1

 ・あんあん葉鹿  足利市葉鹿町1丁目26-5

※詳しくは「JA足利」のホームページをご覧ください。 → http://www.jaashikaga.or.jp/

 

<特典について>

 Q.30ポイント貯めるともらえる特典は、何回でも使うことができるの?

 A.ポイントカード1枚につき、1回ずつ利用することができます。 

   史跡足利学校の観覧(無料)や、FUKAI SQUARE GARDENのトレーニング室利用(無料)ができる特典は

   30ポイント貯まるごとに何度でも使用できますので、ぜひご利用ください。

 

<応募について>

 Q.自己申告ポイントだけで30ポイント貯まりました。スタンプは1つもないけど、応募できますか?

 A.自己申告ポイントのみでも、自己申告+スタンプでも、30ポイント貯まっていれば応募することができます。

   足利市では多くのポイント対象事業を行っていますので、興味があればぜひご参加ください。

 

 Q.期間はいつまでですか?

 A.ポイントを貯めることができるのは、2023年2月28日(火曜日)まで、

   30ポイント貯まったカードを応募できるのは、2023年3月3日(金曜日)までとなっています。

 

 Q.期間内に30ポイント貯まらなかったカードは、どうすればいいですか?

 A.現在、使用しているポイントカードは次年度以降も、継続して使用することができます。

   途中までポイントが貯まっているのであれば、そのままお使いいただき、次年度分でご応募ください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)