ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 危機管理課 > コロナ禍【感染症まん延時】の避難にあたってのお願い

コロナ禍【感染症まん延時】の避難にあたってのお願い

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月1日更新

 これから梅雨や台風によるいわゆる出水期を迎えます。いざという時に備え、避難する場所や方法などについて、あらかじめ考えておきましょう。

 避難する際は、ハザードマップで避難所の確認や、防災用品などを準備しておくだけでなく、避難所における新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、次のとおりご協力をお願いいたします。

 知っておくべき5つのポイント
 新型コロナウイルスが収束しない中での避難行動チラシ [PDFファイル/199KB] 内閣府・消防庁

 今のうちに自宅が安全か確認しよう
 避難行動判定フロー [PDFファイル/1.21MB] 内閣府・消防庁

 足利市の洪水・土砂災害ハザードマップの案内ページ

避難の考え方

 避難とは、「難」を「避」けることで、安全な場所にいる人まで避難所に行く必要はありません。

 避難所は、多くの避難者を受け入れるため、3密(密閉、密集、密接)状態になることが想定されます。

 災害時、自宅の上階や、近くの頑丈な建物親族や友人の家など、災害から身を守ることができる安全な場所に避難ができるよう日頃から考えておきましょう。

避難所へ避難する際は…

 避難所への避難が必要な場合には、できる限りマスク・消毒液を携行してください。

 体調がすぐれない方は、受付の際に必ず申し出てください。

避難所での検温など

 避難所では、感染症まん延防止のため、避難所へ来た方に検温などを実施し、健康な方と、体調がすぐれない方とを別の避難先へ案内するなどの対応を行う場合があります。
 また、避難所内では、スペースを空けてもらったり、間仕切りを活用したりして、避難者同士が接触しないような対応をいたします。

手洗い、咳エチケットに心がける

 新型コロナウイルスの感染拡大防止には、一人ひとりの手洗い、、咳エチケットの実施がとても重要です。

 正しい手洗い仕方などは厚生労働省のホームページをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)