ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症に備えた本庁舎等の対策

季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症に備えた本庁舎等の対策

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月16日更新

 現在、来庁者の皆さまには、マスクの着用及び手指消毒の励行を求め、庁舎内での感染リスクの低減に努めているところです。また、市民会館や市民プラザ、足利学校ではすでにサーマルカメラを設置し、来場者の検温を行っています。
 このたび、秋冬に流行する季節性インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行が懸念されている状況を踏まえ、庁舎入口においても来庁者の検温を行い、発熱等の場合には入庁を控えるようお願いすることにしました。これにより、庁舎内での感染症まん延防止を図ります。

実施期間

令和2年11月2日(月曜日)から当面の間

本庁舎等の対策

サーマルカメラの設置

設置場所

本庁舎1階正面入口、本庁舎地下1階守衛室前入口、教育庁舎正面入口

対応

検温の結果、37.5度以上の場合は、本人の判断で入庁しないようご協力をお願いします。
 

 

足利市新型コロナウイルス感染症対策本部