ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 第2期足利市まち・ひと・しごと創生総合戦略

第2期足利市まち・ひと・しごと創生総合戦略

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月18日更新

第2期足利市まち・ひと・しごと創生総合戦略の概要

第2期総合戦略の基本的な考え方

 足利市まち・ひと・しごと創生総合戦略は、地方創生・人口減少対策を目的として、平成27(2015)年度に策定し、国の支援制度等を活用しながら各種施策に取り組んできました。

 第2期総合戦略は、本市の最上位計画である第8次足利市総合計画と整合性を図るため、計画の始期を揃え、一体的に策定を行いました。

 具体的には、第8次足利市総合計画の基本計画における「重点プログラム」を第2期総合戦略として位置づけています。

 併せて、第8次足利市総合計画の基本構想における「想定人口」を踏まえ、「足利市人口ビジョン」を改訂しました。

 

計画の期間

  • 令和4(2022)年度から令和7(2025)年度までの4年間

 

基本目標

  • 基本目標1:結婚・出産・子育ての希望をかなえ、次代を担う子どもたちを育む
     
  • 基本目標2:産業力を向上させ、安定した働く場を創出する
     
  • 基本目標3:まちの魅力を高め、新しい人の流れをつくる
     
  • 基本目標4:安全で安心な、幸せを実感できるくらしをつくる

 

計画書のダウンロード

 

 

※第1期の足利市まち・ひと・しごと創生総合戦略の詳細および実施状況は次のページをご覧ください。

 

※地方創生に関する詳しい内容は以下の内閣官房・内閣府総合サイトをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)