ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・消防 > 消防 > 消防本部 > 火を使用するすべての飲食店に消火器の設置と点検が義務化されます

火を使用するすべての飲食店に消火器の設置と点検が義務化されます

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月26日更新

 火を使用するすべての飲食店に消火器の設置と点検報告が義務づけされます。

 平成28年12月22日、新潟県糸魚川市において大規模な火災が発生しました。

 この火災を契機として、消防法施行令及び同施行規則が一部改正され、2019年10月1日から火を使用するすべての飲食店に消火器の設置と点検報告が義務づけされます。

 法改正の概要がわかるリーフレット [PDFファイル/2.37MB]

  小規模飲食店等の消火器具設置フローチャート [PDFファイル/53KB]

 主な改正内容

 従来、設置義務の無かった延床面積150平方メートル未満の飲食店のうち、火を使用する設備又は器具(防火上有効な措置を講じられているものを除く。)を設けた場合、消火器の設置が義務付けられます。

※「防火上有効な措置」とは、「調理油過熱防止装置」、「自動消火装置」、「カセットコンロ圧力感知安全装置」等の装置を設けることをいいます。

 飲食店の関係者

 〇消火器は初期消火に大変有効です。消火器が設置されていない場合には、できるだけ早期に設置してください。

 〇設置した消火器は、定期的に点検し、その結果を1年に1回最寄りの消防署に報告してください。

  ・消火器の点検方法・点検結果の記載例について [PDFファイル/3.01MB] ←こちらをご参照ください。

  ・点検結果報告書の様式について [PDFファイル/243KB] ←こちらをご活用ください。

   ※消火器の設置場所や点検、報告方法等について、ご不明な点は下記にお問合せください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)