ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 救急・消防 > 消防 > 消防本部 > 重大な消防法令違反の大半が無届の増築・接続・開口部の閉鎖又は用途変更で発生しています。

重大な消防法令違反の大半が無届の増築・接続・開口部の閉鎖又は用途変更で発生しています。

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月7日更新

 消防法の消防用設備等の設置規制は、建物の規模や用途に応じて変わる場合がありますので、次に記載するような場合は、事前に消防本予防課までご相談ください。

 詳細については、「注意喚起リーフレット」 [PDFファイル/260KB]をご覧ください。

1.建物に手を加える場合

  • 建物の増築や改築、隣接建物との接続等を行う場合。
  • 建物の窓を合板等で塞いだりする場合。

2.建物の使用用途を変更する場合等(建物の一部を変更する場合も含みます)

 建物の現在使用している用途から、他の用途(飲食店、物品販売店舗、ホテル・旅館、病院、社会福祉施設等)に変更する場合。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)