ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > あなたの職場の「火災通報装置」大丈夫ですか?

あなたの職場の「火災通報装置」大丈夫ですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月17日更新

 IP電話回線(光回線)に変更した後、火災通報装置が正常に作動しない事象が発生しています!

 火災通報装置が接続されている電話回線を変更された場合、火災通報装置が正常に作動しなくなる可能性があります。

下記の項目もしくは電話回線の変更を行う場合は、ご注意ください。

・電話回線をIP回線、光回線などへ変更していませんか?
・電話番号の変更、FAX機器を追加していませんか?
・施設名の変更を行っていませんか?

火災通報装置とは、火災の際に119番へ通報するための重要な設備です。

通報装置

 火災通報装置が正常に作動しない場合、消防車の到着が大幅に遅れ、被害が拡大します!

 もし、電話回線の変更などをされた場合もしくはこれから変更しようと計画されている場合は、早急に消防本部予防課または消防設備点検業者へご相談ください。

火災通報装置の電話回線を確認するため、ご自分で通報試験は行わないでください!

 機能確認のため通報試験を行う場合は消防設備点検業者や消防職員の立会いが必要になりますので、事前に消防本部予防課または消防設備点検業者へご相談ください。



下記のリンクも参考にしてください。(※外部サイトへ移動します。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)