ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > 足利消防火災統計(平成28年)

足利消防火災統計(平成28年)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月20日更新

平成28年1月1日から平成28年12月31日

1 火災の状況

区    分単位平成28年平成27年増減

出 火 件 数

42

45

△3
 建物火災24213
 林野火災21

1

 車両火災743
 その他の火災919

△10

建物焼損床面積平 方
メートル
775

294

481
建物焼損表面積平 方
メートル
881573
林野焼損面積アール1315△2
死   者23△1
負  傷  者1064
り災世帯数世帯321121
 全   損61

5

 半   損110
 小   損25916
  り災人員682246
 損  害  額千円117,22729,97387,254
 建   物108,66229,45379,209
 林   野0

0

0
 車   両8,5083838,125
 そ  の  他57137△80
 爆   発000
  出火率2.83.0△0.2

(注)1 「死者」には、火災により負傷した後、48時間以内に死亡した者を含む。
   2 出火率とは、人口1万人当たりの出火件数をいう。(平成27年4月1日基準)
   3 増減率は、表示単位未満を四捨五入したもの。
   

2 出火状況

 (1) 出火件数
   平成28年中の出火件数は42件で、前年の45件に比べ3件減少しました。
   火災は、約8.7日(前年約8.1日)に1件の割合で発生していることになります。

出火件数の推移
H19H20H21H22H23H24H25H26H27H28平均
件数7479715250656462454260

 (2) 火災種別出火件数
   前年と比べて、建物火災は24件で3件の増加、林野火災は2件で1件の増加、車両火災は7件で3件の増加、、その他火災は9件で10件の減少となり、その他火災を除き、建物火災、林野火災、車両火災は増加しました。

火災種別発生状況(表示単位未満四捨五入)
区  分平成28年平成27年
件数割合(%)件数割合(%)
建 物 火 災2457.1

21

46.7
林 野 火 災24.812.2
車 両 火 災716.748.9
その他の火災921.41942.2
合      計42100.045100.0

3 地区別火災発生件数及び出火率

  地区別の火災発生件数は、山辺地区14件、北郷地区6件、毛野地区5件、筑波地区4件の順に多く発生しています。
  地区別の出火率(人口1万人当たりの出火件数)では、筑波地区10.9件で最も多く、次いで、山辺地区7.0件、三和地区5.0件、富田地区4.6件の順となっています。
  なお、本市全体の出火率は2.8件(前年は3.0件)となっています。

地区別火災件数及び出火率(表示単位未満四捨五入)

   年

地区別

平成28年平成27年
件 数出火率件 数出火率
旧市内20.8103.9
毛 野53.342.6
山 辺147.073.5
三 重22.333.5
山 前10.843.1
北 郷64.510.7
名 草0000
富 田24.624.6
矢場川12.324.6
御 厨0021.4
筑 波410.912.7
久 野0000
梁 田12.324.7
三 和25.024.9
葉 鹿11.422.8
小 俣11.534.3
合 計422.8453.0

4 損害額

  損害額は、117,227千円で前年の29,973千円に比べて87,254千円の増加となっています。
  火災1件当たりでは、約2,791千円(前年約666千円)、1日当たりでは約321千円(前年約82千円)の損害額となっています。

火災別損害額・割合(表示単位未満四捨五入)
区分平成28年平成27年
損害額(千円)割合(%)損害額(千円)割合(%)
建 物108,66292.729,45398.2
林 野0000
車 両8,5087.23831.3
その他570.11370.5
爆 発0000
合 計117,227100.029,973100.0

5 死傷者

  平成28年中の死者は2人で、前年より1人減少しています。
  また、負傷者は10人で、前年より4人増加しています。

死傷者の推移
     年
区分
H19H20H21H22H23H24H25H26H27H28平均
死 者(人)510532633324.2
負傷者(人)71013121311106108.3

6 出火原因

  出火原因別では、「放火の疑い」、「放火」、「こんろ」の順となっており、次いで「たばこ」、「排気管」、「電気機器」、「たき火」が同数となっています。「放火」及び「放火の疑い」を合わせると、全体の31.0%で、前年(15.6%)と比較すると増加しました。

主な出火原因
     区分
原因別
平成28年平成27年

増減

放火の疑い84

4

放   火532
こ ん ろ422
た ば こ27△5
排 気 管211
電気機器211
た き 火23

△1

煙突・煙道

110
電灯電話等配線△1
ストーブ01
不明・調査中34△1
上記以外1117△6
合   計4245

△3