ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > 火災件数50件!火災予防にご協力を

火災件数50件!火災予防にご協力を

印刷用ページを表示する掲載日:2012年9月24日更新

 9月に入り火災件数が50件となり、昨年1年間の火災件数(50件)を大幅に上回る見込みです。
 原因としましては、例年火災の少ない8月に火災が多かったことや、工場火災、車両火災が続いたことなどがあげられます。
 また、特異火災としまして、ステンレスボールの収れん火災、ヘアードライヤー、スマートフォンから出火した火災も発生しています。
 火の取扱い等には十分注意していただき、火災予防にご協力いただきますようよろしくお願いいたします。

【月別火災件数】                                    9.15現在
1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

合計

10件

10件

6件

7件

4件

0件

3件

8件

2件

50件

【出火原因上位】
 たばこ7件、ストーブ5件、こんろ5件の順となっています。

特異火災事例

収れん火災

【出火原因】
  ステンレスボールに反射した太陽光が一点に集中し、中の軍手から出火したもの。
 ※凸レンズで透明なもの、凹レンズで反射するものには注意しましょう。
収れん火災
 同様の条件下で実験したもの

ヘアードライヤー火災

【出火原因】
 電源コードのプラグを、常にコンセントに差したままの状態にしていたため、電源コードのよじれ部分が短絡し出火したもの。
 ※使わない時はコンセントからプラグを抜き、コードの傷などに注意しましょう。

ヘアードライヤー火災
 電源コードの短絡痕

スマートフォン火災

【出火原因】
 イヤーホーンジャック内の異物(アクセサリー等の破片)が、何らかの要因によりバッテリーに外力を加え出火したもの。
 ※イヤーホーンジャックに異物が入ってしまった場合は、専門店で見てもらいましょう。

スマートフォン火災
 イヤーフォーンジャック内から出てきた異物