ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 消防本部 > 足利消防の沿革

足利消防の沿革

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月14日更新

足利消防は、享保年間にその端を発したことが史実によって明確であり、以下そのあゆみの大要は次のとおりです。

享保20年       はしご、水かご、手桶、鳶口等の消防装備を保有した。
明治 9年       雲竜水、竜吐水を保有した。
  11年 4月    各地区単独の消防組織ができた。
  19年 2月    足利町消防組規則が制定され消防組が組織された。
  22年 4月 1日 町制が施行された。
  27年 2月 9日 勅令第15号をもって消防組規則が公布され足利町消防組に改組し、腕用ポンプ10台が
            整備された。
      5月    消防組は5部編成となり定員を500名とした。
  44年       蒸気ポンプ1台を購入した。
大正 元年       蒸気ポンプ1台を増車した。
  10年 1月 1日 市制が施行された。
            市制施行により足利市消防組と改称し定員を445名とした。
  10年       手引ガソリンポンプ1台を購入した。
  11年       手引ガソリンポンプ1台を増車した。
  13年       手引ガソリンポンプ1台を増車した。
            1ヵ年無火災につき足利警察署長から表彰された。
  15年 9月15日 足利市消防組常設消防部が定員6名で開設された。
            消防ポンプ自動車1台を初めて購入し、常備部へ配置した。
昭和 2年       消防組常備部に火の見櫓が建設された。火災専用電話を新設した。
   3年       火災報知機新設工事を着手した。(工費22,250円)
   4年 5月 4日 火災報知機工事が完成した。(受信機1基・発信機65基)(市街地)
   6年 4月 1日 消防組常備部の定員6名を3名増員し9名とした。
            消防ポンプ自動車1台を増車した。(常備部)
            消防組を改組し定員445名を191名に減じた。
     12月 2日 財団法人大日本消防協会長から優良消防組として旌旗が授与された。
   8年 2月11日 県消防協会長から優良消防組として表彰された。
   9年 9月15日 オート三輪自動車ポンプ1台を増車した。(第3部)
  10年       消防組を改組し定員191名を186名に減じた。
  12年       足利市警備係及び常備消防手の制限を制定した。
  13年 4月 1日 消防組常備部の定員を11名とした。
  14年 3月31日 昭和14年1月24日勅令第20号をもって警防団令が公布され消防組及び防護団が廃止
            された。
      4月 1日 勅令をもって警防団令が公布されたのにともない足利市警防団を組織し、団長1・副団長
            2・分団長6・副分団長12・部長18・班長66・団員618・工作部30・救護部
            30・防毒部30・計813名とした。
            1箇分団の定員を120名として分団長1・副分団長2・部長3・班長11・団員103
            名で6箇分団編成とした。
  16年 3月25日 大日本警防協会から優良警防団として表彰旗が授与された。
      4月 1日 消防組常備部の定員を14名とした。
      5月 3日 消防ポンプ自動車3台を購入した。(第3・4・5分団)
      8月14日 消防ポンプ自動車3台を購入した。(第1・2・6分団)
      9月 1日 分団の定員120名をそれぞれ133名に増員した。
  17年 2月11日 県知事から成績優秀な警防団として竿頭綬を授与された。
      5月    第2・3分団詰所を新築した。(通2丁目・伊勢町)
      8月    市の行政機構を改革し、警防課を新設した。
      8月14日 警防団常備部用救急自動車を配置した。
     10月12日 警防団本部・常備消防部庁舎を新設した。(延528平方メートル)
     11月 2日 市の行政機構を改革し警防課を防護課と改称した。
  18年10月 5日 第4分団詰所を新築した。
     10月22日 防衛・土木・水道の3係を合併、警防工作課に改称し市の機構を改めた。
  19年 4月29日 第1分団詰所を新築した。(通6丁目)
     10月15日 第6分団詰所を新築した。(柳原町)
     11月12日 第5分団詰所を新築した。(大町)
  19年       第2・6分団に予備消防ポンプ自動車を配置した。(地元有志の寄付による)
  20年       第3分団消防ポンプ自動車帝都応援のため供出したので補充として1台を購入した。
  21年 2月 4日 警防団の改組により定員813名を383名に減じた。
      3月 5日 市の機構改正によって警防事務を庶務課に移した。
  21年       常備部の定員14名を2名増員し、16名として強化を図り消防ポンプ自動車を4台とし
            た。
  22年11月 3日 昭和22年4月20日勅令185号をもって消防団令の公布により警防団が廃止された。
            勅令をもって消防団令が公布されたのにともない即日足利市消防団を編成、組織は団長1
            ・副団長2・分団長6・副分団長6・部長12・班長30・団員246名とし、1箇分団
            の定員は分団長1・副分団長1・部長2・班長5・団員41の計50名、6箇分団編成と
            した。
            更に常備部19、計322名となった。
  23年 3月    初代消防長に木村浅七氏が就任した。
      7月24日 消防組織法の制定公布により足利市消防団に改めた。
     12月 1日 団旗及び分団旗を新調した。
  24年 6月 1日 消防組織法の制定により足利市消防本部・消防署が発足した。(人員20名)
     10月12日 水槽付消防ポンプ自動車1台を購入した。
  25年       火災報知機20基を増設した。
      8月 1日 国家消防庁長官から優良消防団として表彰された。
  26年 3月30日 毛野村合併により2箇分団増設、定員を404名とした。
      4月 1日 消防本部の定員を30名とした。
      5月 6日 オート三輪ポンプ自動車1台を購入した。(第8分団)
  27年 4月 1日 消防団組織の少数精鋭主義により、定員404名を243名と減じた。
     11月 1日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第5分団)
  28年 4月 1日 山辺町合併により3箇分団増設、定員を333名とした。
     12月10日 足利市消防賞じゅつ金条例が制定された。
  29年 4月 1日 消防本部の定員を32名とした。
      8月 1日 三重・山前村合併により4箇分団増設、定員を453名とした。
     11月 1日 北郷・名草村合併により3箇分団増設、定員を543名とした。
     11月22日 第2代消防長に瀧島新三郎氏が就任した。
     12月 8日 消防ポンプ自動車2台・オート三輪消防ポンプ自動車1台を購入した。(署増車、第6・
            17分団更新)
  29年       火災報知機15基を増設した。
  30年 5月 1日 気象観測装置を設置し観測を開始した。
      8月 6日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第2・3分団)
      9月28日 消防専用中短波無線電話装置を整備した。
     12月15日 消防ポンプ自動車を救急車に改造し救急業務を開始した。
  30年       火災報知機20基を増設した。
  31年 8月 1日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第1・4分団)
     11月25日 火災報知機36基を増設した。
  32年 3月 1日 国家消防本部長から優良消防機関として表彰旗が授与された。
     10月15日 火災報知機受信機1基を増設した。(署)
     12月17日 救急車1台を更新した。
     12月31日 水槽付消防ポンプ自動車1台を増車した。
  33年 4月 1日 指令車1台を購入した。
     11月 1日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第7分団)
  34年 4月 1日 富田村合併により1箇分団増設、定員を573名とした。
      5月 6日 第7代消防団長に長竹寅治氏が就任した。
      8月 1日 富田分遣所が開設された。
            消防ポンプ自動車2台を購入した。(富田分遣所、第8分団更新)
            化学消防ポンプ自動車1台を購入した。
            火災報知機12基を増設した。
     12月 1日 消防本部の定員を52名とした。
  35年 7月 1日 矢場川村合併により1箇分団増設、定員を603名とした。
     11月 1日 火災報知機23基を増設した。
  36年 5月10日 消防団の機構整備を行い、従来20箇分団編成であったが、これを11箇分団編成に縮小
            し、定員333名とし、その組織は団長1・副団長2・分団長11・副分団長11・部長
            11・副部長11・班長33・団員253名とした。
      7月10日 山辺分遣所が開設された。
  37年 9月28日 第8分団詰所を新設した。(利保町)
     10月 1日 御厨町及び坂西村合併により8箇分団増設、定員を573名とした。
            編成は分団総数19箇分団となり、その組織は団長1・副団長2・分団長19・副分団長
            19・部長19・副部長19・班長57・団員437名とし、1箇分団の定員は分団長1
            ・副分団長1・部長1・副部長1・班長3・団員23の計30名となった。
            御厨分遣所が開設された。
            坂西分遣所が開設された。
     12月 1日 消防本部の定員を91名とした。
  38年 2月 6日 消防ポンプ自動車2台を購入した。(御厨・坂西分遣所)
      3月20日 第6分団詰所を新築した。(五十部町)
      7月31日 第18分団詰所を新築した。(松田町)
     11月30日 小曽根町水防倉庫を新築した。
  39年 3月17日 第12分団詰所を新築した。(福居町)
      4月27日 指令車を更新した。
      5月13日 火災報知機60基を増設した。
            火災報知機受信機2基を増設した。(御厨・坂西分遣所)
      8月 1日 第3代消防長に神村實一氏が就任した。
     10月31日 第3分団詰所を増改築した。(鵤木町)
     11月25日 坂西分遣所通信事務室を増設した。
  40年 1月25日 中短波を超短波無線機に切替えた。(152.77MHZ)
      4月 1日 消防本部の定員を100名とした。
      5月28日 可搬式動力ポンプ1台を更新した。
      6月21日 火災報知機19基を増設した。
     10月 6日 第15分団詰所を増改築した。(福富町)
     12月27日 水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。
  41年 7月15日 火災報知機30基を増設した。
      7月18日 救急車1台を更新した。
      8月12日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(山辺分遣所)
      8月31日 奥戸町水防倉庫を新築した。
     10月11日 広報車を新規に配置した。(ライオンズクラブから寄付受入) 
  42年 1月25日 第8代消防団長に小松原健吉氏が就任した。
      2月25日 第2分団詰所を新築した。(助戸3丁目)
      9月20日 消防ポンプ自動車2台を増車した。(署、第5分団)
     10月26日 山辺分遣所庁舎を新築した。(165平方メートル)
     11月13日 化学消防ポンプ自動車1台を増車した。(山辺分遣所)
  43年 4月 1日 消防本部の定員を105名とした。
      4月18日 作業車1台を更新した。
      8月16日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第9分団)
  44年 3月 7日 消防本部庁舎を新築した。(1,613.75平方メートル)
      6月26日 救急車1台を増車し署に配置した。
      8月 5日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(第2・3・7分団)
      9月 7日 第7分団詰所を新築した。(山下町)
  45年 4月 1日 消防本部の定員を110名とした。
      4月20日 指令車を更新した。
      7月14日 本部車を新規に配置した。(キンカ堂から寄付受入)
      9月 8日 第19分団詰所を新築した。(松田町)
     11月12日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(御厨分遣所、第1・15分団)
     12月17日 はしご付消防ポンプ自動車を購入した。
  46年 4月 1日 消防本部の定員を114名とした。
      5月 6日 第4代消防長に阿部正夫氏が就任した。
      7月17日 超短波無線傍受機を分団車20台に装備した。
      9月 8日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(第8・19(松田)・19(小俣)分団)
  47年 3月31日 第9分団詰所を新築した。(名草中町)
      4月 1日 南分署が開設された。
            南分署に救急車1台を配置した。
            消防本部の定員を118名とした。
      4月28日 救急車1台を増車し署に配置した。
      7月19日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。
            消防ポンプ自動車2台を更新した。(第13・17分団)
     10月23日 救命ボート1台を新規に配置した。(森下孝氏から寄付受入)
     12月26日 第17分団詰所を新築した。(小俣財産区から寄付受入)
  48年 5月24日 社団法人日本河川協会長から水防功労団体として表彰状を受賞した。
      6月15日 アルミックス防火衣118着購入し全職員に貸与した。
      7月 5日 救急車1台を増車し署に配置した。(栃木県農業共済から寄付受入)
      8月24日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第11・16分団)
     11月20日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(富田分遣所)
     11月26日 アルミックス防火衣573着購入し全団員に貸与した。
     12月 6日 超短波無線電話機の周波数を変更した。(150.45MHZ)
     12月 7日 県消防協会長から優良消防団として竿頭綬を授与された。
     12月22日 第14分団詰所を新築した。(久保田町)
  49年 1月 1日 消防本部の定員を122名とした。
      5月 4日 第9代消防団長に長山茂氏が就任した。
      7月25日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第12・18分団)
      9月25日 災害通報装置を分団詰所に設置した。
     12月17日 第15分団詰所を改築した。(福富町)
  50年 2月12日 県消防協会長から優良消防団として竿頭綬を授与された。
      3月30日 坂西分遣所(西分署)庁舎を改築した。(葉鹿町)
      4月 1日 西分署が開設された。
            西分署に救急車1台を配置した。
      4月 4日 救急車1台を更新した。(森下孝氏から寄付受入)
      5月12日 広報車を更新した。
      7月28日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第4・6分団)
      8月 4日 作業車を更新した。(足利信用金庫から寄付受入)
            ホームライトポンプ1台を配置した。(足利信用金庫から寄付受入)
     10月 7日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(西分署)
     11月 7日 気象観測機器一式を南分署に設置した。(足利信用金庫から寄付受入)
     12月 2日 県消防協会長から優良消防団として竿頭綬を授与された。
     12月23日 空気充てん機1台を購入した。
     12月30日 伊勢町水防倉庫を大正町に移築した。
  51年 4月 1日 第5代消防長に新藤貞氏が就任した。
      6月21日 指令車を更新した。(東京海上火災保険株式会社から寄付受入)
      8月30日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第10分団)
      9月 3日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。
     11月 5日 救急車1台(更新)を南分署に配置した。(三甲工業株式会社から寄付受入)
     11月29日 第16分団詰所を新築した。(葉鹿町)
     12月20日 桐生市・伊勢崎佐波広域市町村圏振興整備組合・太田地区消防組合・館林地区消防組合・
            佐野地区広域消防組合と特殊災害消防対策相互応援協定締結
  52年 1月18日 県消防協会長から優良消防団として竿頭綬を授与された。
      8月22日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第14分団)
     10月 6日 救助工作車1台を購入し署に配置した。
     12月 1日 火災報知機を2ヵ年計画で廃止することに決定した。
  53年 4月 1日 消防本部の定員を126名とした。
      6月 7日 第10代消防団長に岡田光郎氏が就任した。
      7月19日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(消防署、第5分団)
      9月 1日 本署管内の火災報知機を廃止した。(受信機3・発信機221)
     10月22日 査察指導車2台を配置した。(板橋通商株式会社から寄付受入)
     10月28日 第13分団詰所を新築した。(小曽根町)
  54年 4月 1日 第6代消防長に高橋圀男氏が就任した。
            消防本部の定員を130名とした。
            火災報知機を全廃した。
      9月 4日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第9分団)
     10月29日 水槽付消防ポンプ自動車1台を南分署に配置した。(日本損害保険協会から寄付受入)
  55年 3月 6日 救急車1台を更新した。(日本自動車工業会から寄付受入)
      4月 1日 消防本部の定員を134名とした。
      6月16日 佐野市・佐野地区広域消防組合・太田地区消防組合・館林地区広域消防組合と消防相互応
            援協定締結
     10月 4日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第3分団)
     10月 7日 消防訓練塔を新築した。
     11月21日 防火広報車1台を配置した。(日本防火協会から寄付受入)
     11月22日 水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。(消防署)
  56年 4月 1日 消防本部の定員を138名とした。
      4月18日 両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(足利市民プラザ)
      5月20日 特殊災害消防相互応援協定を県下14消防本部と締結した。
            宇都宮市・栃木地区広域行政事務組合・佐野地区広域消防組合・鹿沼地区広域行政事務組
            合・日光地区広域消防組合・今市市・小山市・芳賀地区広域行政事務組合・大田原地区広
            域消防組合・塩谷広域行政組合・黒磯那須消防組合・石橋地区消防組合・藤原町・南那須
            地区広域行政事務組合
     10月12日 水槽付消防ポンプ自動車1台を山辺分遣所に配置した。
  57年 2月10日 日本消防協会から優良消防団として竿頭綬を授与した。
      6月30日 本部車を更新した。
     10月 8日 化学消防ポンプ自動車1台を山辺分遣所(更新)に配置した。(アキレス株式会社から寄
            付受入)
            消防ポンプ自動車1台を更新した。(第7分団)
     11月29日 広報車1台を更新した。(足利市防火協会から寄付受入)
  58年 2月28日 第11分団詰所を新築した。(里矢場町)
      3月 7日 救急車1台を更新した。(日本損害保険協会から受入)
      6月 1日 栃木県知事から優良消防団として表彰旗を授与された。
     10月26日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第2分団)
  59年 1月11日 第19分団(小俣)詰所を新築した。(小俣町)
      4月 1日 第7代消防長に根岸久夫氏が就任した。
      4月21日 館林地区消防組合と水防相互応援協定締結
      8月17日 バスケット付はしご消防ポンプ自動車(15m級)を配置した。(消防署)
            消防ポンプ自動車2台を更新した。(第1・15分団)
      8月30日 査察指導車2台を更新した。(板橋通商株式会社から寄付受入)
  60年 8月26日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第8・19(松田)分団)
  61年 3月28日 第5分団詰所を新築した。(田中町)
      6月19日 作業車1台を更新した。(消防署)
     10月30日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(消防署、第13・19(小俣)分団)
            救急車1台を更新した。(南分署)
  62年 4月 1日 第8代消防長に関口好三氏が就任した。
      5月27日 両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(コムファースト)
      6月 4日 指令車を更新した。(消防署)
      3月25日 化学消防ポンプ自動車1台及び消防ポンプ自動車2台を更新した。(消防署、第11・
            17分団)
  63年 3月30日 災害通報装置(アンサーバック方式)を更新した。
            空気充てん機(YS-75型)を更新した。
      4月 1日 警防課通信指令室を本部通信指令課とした。
      7月15日 アルミックス防火衣等137着を購入し、全職員に貸与した。
            アルミックス防火衣等193着を購入し、団本部3着及び各分団10着貸与した。
      7月28日 携帯無線傍受機41台を購入し、正副団長及び各分団長・副分団長へ貸与した。
      8月18日 第17分団に非常用サイレンを設置した。
            消防ポンプ自動車2台を更新した。(第12・16分団)
      8月31日 超短波無線傍受機20台(分団車用)を更新した。
      9月 1日 テレフォンサービス(41-0000)を開局した。
      9月 3日 広報連絡車1台を購入し署に配置した。
      9月15日 消防署車庫排煙設備を設置した。
     10月31日 第10分団詰所を新築した。(駒場町)
平成 元年 2月14日 足利市消防団が特別表彰「まとい」を受賞した。
      8月10日 広報連絡車1台を購入し南分署に配置した。
      8月31日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第4・18分団)
      9月 1日 消防緊急情報システムが整備され業務を開始した。(通信指令課)
      9月16日 携帯無線傍受機19台を購入し、各分団の部長へ貸与した。
      9月18日 アルミックス防火衣等190着を購入し、各分団へ10着貸与した。
     10月24日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。(消防署)
     12月14日 第10分団乾燥塔を新築した。
     12月18日 救急車1台を更新した。(消防署)
     12月21日 査察指導車2台を更新した。(株式会社板橋から寄付受入)
   2年 3月25日 第12分団詰所を新築した。(島田町)
      3月28日 防火広報車を更新した。(箕輪雅雄氏から寄付受入)
      4月 1日 第9代消防長に山崎清氏が就任した。
            第11代消防団長に半田勘次朗氏が就任した。
            消防本部の定員を142名とした。
      7月17日 広報連絡車2台を購入した。(西分署・山辺分遣所)
      9月28日 携帯無線傍受機19台を購入し、各分団の副部長へ貸与した。
      9月29日 アルミックス防火衣等190着を購入し、各分団へ10着貸与した。
      9月30日 無線機(車載2台・携帯3台)を整備した。
     11月 5日 災害通報用サイレン2ヶ所を更新した。(第14・15分団)
     11月 9日 山林火災用可搬式送水装置一式を購入した。(消防署)
     11月14日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第6・10分団)
     12月20日 水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。(消防署)
   3年 2月19日 救急車1台を更新した。(日本損害保険協会から寄付受入)
      2月28日 消防車両動態表示装置を整備した。
      3月15日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(富田分遣所)
      3月25日 第1分団詰所を新築した。(緑町1丁目)
      3月28日 救急車1台を更新した。(ハッピー金属工業株式会社から寄付受入)
      4月 1日 消防本部の定員を146名とした。
      6月27日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第5・14分団)
      8月29日 無線機(車載3台・携帯3台)を整備した。
      8月30日 携帯無線傍受機67台を購入し、署幹部へ10台、各分団の班長へ57台貸与した。
      9月 7日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第9分団)
      9月11日 災害通報用サイレン2ヶ所を更新した。(第4・11分団)
     10月10日 救助工作車II型(資機材を含む)1台を更新した。(消防署)
     10月31日 指令伝送装置を整備した。
     11月30日 桐生市と消防相互応援協定締結
     12月24日 はしご付消防自動車(30m級)1台を更新した。(消防署)
   4年 3月 6日 第8分団詰所を新築した。(利保町)
      4月 1日 消防本部・署の組織改革に伴い、本部総務課に防災係を新設、消防署に係制度を導入し
            た。
            河川情報システムが市河川課より移管された。(防災係)
      7月20日 潜水器具2組を整備した。(消防署)
      8月10日 査察車1台を更新した。(予防課)
      8月21日 救命用ゴムボート2艇を配置した。(アキレス株式会社から寄付受入)
      9月30日 消防無線機に全国波を整備した。
     10月30日 水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。(消防署)
     11月10日 防火広報車1台を更新した。(足利市防火協会から寄付受入)
     12月15日 指揮車1台を更新した。(予防課)
   5年 4月 1日 第10代消防長に須齋良一氏が就任した。
            消防本部の職員定数を157名とした。
      8月19日 デジタル警報地震計1台を設置した。(通信指令課)
      9月20日 両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(足利工業大学)
      9月30日 災害通報用サイレン2ヶ所を更新した。(第2・13分団)
     12月13日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第3分団)
     12月24日 第14分団詰所を新築した。(久保田町)
   6年 4月 1日 消防本部の職員定数を162名とした。
            消防団の組織を団長1・副団長3・分団長19・副分団長19・部長19・副部長19・
            班長57・団員437名の574名とした。
     11月 4日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第2・7分団)
     11月28日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。(山辺分遣所)
     12月 6日 高規格救急自動車1台を購入した。(消防署)
     12月27日 ファクシミリ電話機を各分団詰所に設置した。
            第18分団詰所を新築した。(松田町)
   7年 1月30日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第1分団)
     10月 5日 市内6ヶ所に防災倉庫を設置し、防災資機材を整備した。
     10月 6日 防災用携帯電話19台を市幹部職員に配備した。
     11月24日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(第8・15・19(松田)分団)
     12月27日 第19分団(松田)詰所を新築した。(松田町)
   8年 3月18日 耐震性貯水槽(100立方メートル)をJR足利駅前に設置した。
     10月29日 災害救援車(トイレカー)を購入した。
     12月 4日 消防ポンプ自動車4台を更新した。(第11・13・17・19(小俣)分団)
     12月24日 富田分遣所を改築した。(駒場町)
     12月26日 第6分団詰所を新築した。(五十部町)
            水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。(富田分遣所)
   9年 2月28日 地域防災計画改訂事業の一環として、防災アセスメント調査及び地域別防災カルテを作成
            した。
      8月19日 エアーテント2基を配備した。(アキレス株式会社から寄付受入)
      9月 7日 足利市総合防災訓練を実施した。
     10月14日 携帯無線傍受機89台を更新し、署幹部へ10台、各分団幹部へ79台貸与した。
     11月 1日 消防緊急情報システムを整備した。
     11月25日 消防ポンプ自動車4台を更新した。(第4・12・16・18分団)
     12月19日 第15分団詰所を新築した。(福富町)
  10年 3月27日 地域防災計画の全面改訂を実施するとともに、防災ガイドマップを作成した。
      4月 1日 第11代消防長に寺田豊治氏が就任した。
     10月24日 携帯119番通報受付転送装置を設置した。
     11月30日 消防団旗を更新した。
     12月15日 第2分団詰所を新築した。(助戸3丁目)
  11年 3月10日 消防職員用防火衣一式を更新した。
      3月30日 河南消防署建設に伴う実施設計が完了した。
      4月 1日 第12代消防長に小島輝松氏が就任した。
      8月10日 軽可搬ポンプ1台が交付された。(足利市婦人消防隊全国大会出場につき日本消防協会よ
            り交付)
      8月29日 栃木県・足利市総合防災訓練・両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(伊勢町渡良
            瀬運動場)
      9月30日 消防団員用防火衣一式574着を更新した。
     12月14日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。(西分署)
  12年 2月15日 県防災行政ネットワークシステムを整備した。(市役所)
      3月14日 第3分団詰所を新築した。(八椚町)
      4月 1日 第13代消防長に倉沼靜雄氏が就任した。
            消防本部の職員定数を170名とした。
      7月28日 作業車1台を更新した。(消防署)
      8月30日 消防無線市波にトーンスケルチ装置を付加した。
     10月31日 河南消防署庁舎を新築した。(1,979.0平方メートル)
     12月 8日 指令車1台を更新した。(消防署)
     12月25日 消防無線機に全国波第2・第3波を整備した。
     12月27日 高規格救急自動車1台を購入し、河南消防署に配置した。
  13年 2月28日 第17分団詰所を新築した。(小俣町)
      4月 1日 第14代消防長に都筑三十四氏が就任した。
            河南消防署が開設された。
     10月 5日 広報連絡車1台を更新した。(富田分遣所)
     12月 7日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。(中央消防署)
  14年 3月 5日 第4分団詰所を新築した。(八幡町3丁目)
      3月12日 高規格救急自動車1台を更新した。(西分署)
      3月26日 河南消防署訓練塔が完成した。
     12月31日 無線サイレン吹鳴装置一式を更新した。(通信指令課、消防団詰所)   
  15年 1月20日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(中央消防署)
      2月 7日 日本消防協会から優良消防団として表彰旗が授与された。
      3月26日 広報連絡車1台を更新した。(中央消防署)
      7月23日 高規格救急車1台を更新した。(南分署)
  16年 4月 1日 第15代消防長に山本竹男氏が就任した。
            第12代消防団長に橋本日出夫氏が就任した。
     10月25日 新潟県中越地震に伴う緊急消防援助隊派遣(マグニチュード6.8)
            新潟県 10月25日から28日まで 救助部隊  10名
  17年 1月27日 高規格救急自動車1台を購入した。(東分署)
      2月28日 東分署を新築した。(644.90平方メートル)
      3月31日 高規格救急自動車1台を更新した。(中央消防署)
      4月 1日 消防本部の定員数を180名とした。
            東分署が開設された。
      9月27日 両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(足利市民プラザ)
     12月20日 査察車1台を更新した。(予防課)
  18年 4月 1日 第16代消防長に石川郁三氏が就任した。
            高機能消防指令センター(II型)の運用を開始した。
            消防・防災情報メール配信を開始した。
  19年 3月 9日 屈折はしご付消防自動車(25m級)1台を購入した。(中央消防署)
      3月15日 第7分団詰所を新築した。(山下町)
      3月30日 地域防災計画の一環として、防災アセスメント調査を実施した。
      4月 1日 第17代消防長に村田雅雄氏が就任した。
      4月27日 第13代消防団長に倉沼静雄氏が就任した。
     10月 2日 広報連絡車1台を更新した。(南分署)
     11月 1日 救急情報テレホンサービス(病院案内)を開始した。(0284-72-0099)
     12月19日 水槽付消防ポンプ自動車を更新した。(南分署)
  20年 3月28日 地域防災計画の改訂及び防災マップの作成を実施した。
     12月26日 救助工作車II型(資機材を含む)1台を更新した。(河南消防署)
  21年 4月 1日 第18代消防長に山崎康次氏が就任した。
      8月24日 訓練指導車が交付された。(日本宝くじ協会より交付)
      9月 2日 消防ポンプ自動車3台を更新した。(第6・10・14分団)
      9月 9日 携帯電話等119通報位置通知装置を設置した。
      9月17日 指揮車1台を更新した。(予防課)
     10月16日 広報車2台を更新した。(西分署・河南消防署)
  22年 2月16日 防災広報車が交付された。(日本消防協会より交付)
      3月19日 消防職員用防火衣(上下式)一式の導入を開始した。
      9月29日 広報車1台を更新した。(予防課)
  23年 3月11日 東北地方太平洋沖地震に伴う緊急消防援助隊派遣
            (マグニチュード9.0/足利市震度5強)
            岩手県 3月11日から25日まで 消火部隊 8隊38名
            福島県 3月月26日から6月6日まで 救急部隊10隊30名
      4月 1日 第19代消防長に森田政雄氏が就任した。
            消防本部の組織改革に伴い、本部総務課に警防担当を新設、警防課を廃止した。
  24年 2月14日 指揮車1台を更新した。(河南消防署)
      2月17日 消防ポンプ車2台を更新した。(第5・9分団)
      3月 2日 高規格救急自動車1台を更新した。(河南消防署)
      3月14日 軽可搬ポンプ1台が交付された。(足利市女性消防隊が全国女性消防操法大会(平成25
            年10月17日)出場につき日本消防協会より交付)
      3月26日 第9分団詰所を新築した。(名草中町)
     10月 3日 両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(足利赤十字病院)
     11月19日 消防ポンプ自動車2台を更新した。(第2・3分団)
  25年 2月22日 資機材運搬車が総務省消防庁の無償使用制度により配備された。
      3月 6日 消防ポンプ付水槽車(10t)1台を購入した。(中央消防署)
      4月 1日 組織改正に伴い、総務課防災担当を総務課消防防災担当に名称変更した。
      9月 1日 栃木県足利市総合防災訓練を実施した。(伊勢町渡良瀬運動場)
  26年 3月20日 中央消防署西分署が移転完成した。(729.45平方メートル)
      4月 1日 第20代消防長に室岡茂夫氏が就任した。                                                                      
            第14代消防団長に田米開久男氏が就任した。
            組織改正に伴い、総務課を消防総務課に名称変更した。
            新西分署の運用が開始された。
     12月 4日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第7分団)
  27年 2月 9日 化学消防ポンプ自動車1台を更新した。(河南消防署)
      3月 6日 消防本部・団が消防庁長官から竿頭綬を授与された。
      4月 1日 高機能消防司令センターを改修した。
     12月 7日 消防ポンプ自動車1台を更新した。(第1分団)
  28年 2月24日 高規格救急自動車1台を更新した。(西分署)
      3月 7日 消防救急デジタル無線(活動波・無線サイレン吹鳴装置)一式を更新した。
            西分署敷地内に足利消防西局を新設した。
      4月 1日 共通波(主運用波1・統制波1・統制波2・統制波3)の運用を開始した。
            消防本部の組織改正に伴い、警防指揮課を新設。本部消防総務課警防担当を廃止した。
      5月20日 第15代消防団長に山本誠氏が就任した。
      9月12日 高規格救急自動車1台を更新した。(南分署)
     11月18日 消防団員用救助用半長靴の導入を開始した。
     11月25日 防災活動車が交付され、本部車を更新した。(日本消防協会より交付)
  29年 3月17日 第16分団詰所を新築した。(葉鹿町)
      4月 1日 第21代消防長に町田旭氏が就任した。
      6月15日 栃木県知事から、消防水防功労団体として足利市消防団が表彰された。
      9月13日 高規格救急自動車1台を更新した。(中央消防署)
     10月27日 消防団員用防火衣(コート型)一式の導入を開始した。
     11月 1日 足利市学生消防団活動認証制度を導入した。
     11月14日 第39回両毛地区消防本部特殊災害訓練を実施した。(南分署)
     11月28日 防災学習・災害活動車が交付され、中央広報車を更新した。(日本消防協会より交付)
  30年 2月28日 水槽付消防ポンプ自動車1台を更新した。(東分署)
      4月 1日 第16代消防団長に小宮文雄氏が就任した。
     10月11日 高規格救急自動車1台を更新した。(東分署)
  31年 4月 1日 機能別消防団員制度を導入し、37名の機能別消防団員が任命された。
令和 元年 5月18日 利根川水系連合・総合水防演習を実施した。(五十部町地先渡良瀬左岸)
      8月 8日 消防本部庁舎建設に伴う基本・実施設計が完了した。
   2年 3月 9日 消防庁長官から、防災功労者として足利市消防団が表彰された。
        4月 1日 第22代消防長に大美賀裕氏が就任した。                                                         
     10月27日   消防ポンプ自動車2台を更新した。(第2分団・第10分団)
令和 3年   2月21日   西宮林野火災において緊急消防援助隊受援した。
            (被害面積167ha、鎮火3.15、受援期間 2.25~3.3)
        3月10日 消防本部・中央消防署庁舎を新築した。(2,338.05 平方メートル)
      3月27日 高機能消防指令センターを改修した。
      4月 1日   第23代消防長に阿部正敏氏が就任した。
            組織改正に伴い、予防課予防担当を予防課予防査察担当に、予防課保安担当を予防課危
              険物担当に名称変更した。
令和 4年 4月 1日 第24代消防長に柏瀬正氏が就任した。
              第17代消防団長に樋口泰正氏が就任した。