ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 草雲美術館 > 草雲美術館はどんな美術館?

草雲美術館はどんな美術館?

印刷用ページを表示する掲載日:2011年5月13日更新

草雲美術館外観(5月)の写真 田崎草雲写真(79歳頃)

草雲美術館の紅葉の風景写真 白石山房

 草雲美術館(そううんびじゅつかん)は、幕末から明治時代にかけて足利で活躍した文人画家・田崎草雲(たざきそううん)の描いた絵画や、草雲の愛用した遺品を収集、保存し、一般に公開しています。

 設立にあたっては、足利市在住の故・鈴木栄太郎氏が、昭和43年2月に私費を投じて草雲ゆかりの地、白石山房に建設し、同年4月に足利市に寄附されました。

 館内には展示室のほか、遺品室・応接室などがあります。

 また、庭園には、草雲が生前暮らしていた白石山房と呼ばれる2階建ての萱葺き住宅が残され、その隣には茶室と画室もあります。園内は小鳥がさえずり、まちの喧騒を忘れさせてくれます。

 館内の展示は、美術館所蔵品を中心に、2カ月に1度展示替えが行われ、草雲の作品を中心に紹介しています。

⇒⇒現在開催中の企画展はこちら