ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 情報管理課 > 足利市公共施設予約管理システム利用規約

足利市公共施設予約管理システム利用規約

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月4日更新

(目的)

第1条

この規約は、足利市及び財団法人足利みどりと文化・スポーツ財団(以下「施設管理者」という。)が運営する、足利市公共施設予約管理システム(以下「システム」という。)の利用を希望する18歳以上の個人、又は満18歳以上の者を代表とする団体(以下「申請者」という。)の申請手続き及び利用者として承認された者(以下「利用者」という。)が施設管理者から受けるサービス内容に関して必要な事項を定める。

(利用者申請手続き)

第2条

申請者は、本規約に同意のうえ利用者登録申請書により施設管理者へ申請する。

2 施設管理者は、申請内容について審査を行い、審査結果を申請者に速やかに報告する。
3 前項の審査により利用者として承認された申請者は、申請時に指定した利用者登録証受領施設において、申請者本人であることを証明できるものを提示し、利用者登録証の交付を受ける。
4 施設管理者は、利用者登録証の交付を必ず申請者本人に行い、代理人への交付は行わない。

(利用者の承認取消し)
 
第3条

施設管理者は、利用者が、長期間にわたりシステムを利用しないとき、本規約に反する行為やその他法令公序良俗に反する行為をしたときは、システムの利用承認を取り消すことができる。

(届出内容の変更等)

第4条

利用者は、届出内容に変更がある場合は、遅滞なく施設管理者に通知するものとする。

(利用者へのサービスの内容)

第5条

利用者は、パソコン及び公開端末からインターネットを介し、本システムに接続し、公共施設の検索、および予約サービスを利用することができる。

(利用者の禁止行為)

第6条

利用者は次に掲げる行為をしてはならない。

(1)同一人及び同一団体が利用者登録番号を複数取得すること。
(2)虚偽の内容で利用者登録番号を取得すること。
(3)他の利用者の利用者登録番号及びパスワードを不正利用すること。
(4)自らの利用者登録番号及びパスワードを漏えいすること。
(5)その他システムに支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

(情報の取り扱い)

第7条

利用者の申請に基づく個人情報について、施設管理者は本来の目的以外に使用しないとともに、その管理に十分な注意を払うものとする。

2 施設管理者が所有する利用者の個人情報は、利用者が本システムの利用を停止した場合、施設管理者が廃棄するものとする。

(利用者の機器等の不具合)

第8条

施設管理者は、利用者が本システムの利用にあたり、利用者のコンピュータ等に生じた何らかの影響や不具合について、一切の責任を負わない。

附則 本規約は、平成16年4月1日から施行する。