ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市議会 > 検証しました!「足利市議会基本条例」

検証しました!「足利市議会基本条例」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月27日更新

足利市議会基本条例は本市議会における最高規範に位置づけられるもので、市民福祉の向上と市勢の進展を目指すため、議会運営における規範的事項を定めたものです。本条例の第30条では「一般選挙後、速やかに、この条例目的が達成されているかどうかについて、議会運営委員会において検証する」とされています。そこで、議会運営委員会では次のとおり検証を実施いたしましたので、お知らせいたします。

第23期市議会における取組状況の検証
(平成25年6月の条例制定後から、平成27年4月30日まで)

今回、初めての検証となったことから、まず検証方法から検討が始まり、延べ7回にわたる協議を経て次のとおり検証結果をまとめ、去る9月26日に議会運営委員会正副委員長が議長へ提出しました。
今後、足利市議会基本条例の目的達成のため、さらに努力してまいります。

【検証方法】
1.すべての条項を、1条1項ずつ検証する。
2.検証はA(達成)、B(一部達成)、C(未達成)の3段階で評価し、検証にそぐわないものは対象外とする。
3.評価の理由等を記載する。

【検証結果】
A評価 25項目
B評価  8項目
C評価  6項目
対象外 12項目

※検証結果の詳細については、こちらをご覧ください。
足利市議会基本条例検証結果報告書 [PDFファイル/552KB]

検証報告の提出
報告書提出の様子
(写真左から大島副委員長、栗原委員長、渡辺議長、斎藤副議長)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)