ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

議会の会議

印刷用ページを表示する掲載日:2013年6月19日更新

定例会と臨時会

市議会は、毎年3月、6月、9月、12月の4回開かれ、これを定例会といいます。このほか、必要に応じて開かれる臨時会があります。市議会の招集は、市長が行いますが、議長から、または議員定数の1/4以上の議員から招集請求があった場合市長は、臨時会を招集しなければなりません。

本会議

全議員により議場で行われる会議を本会議といいます。本会議は、議員定数の半数以上(12人以上)の出席で成立し、議案の議決など、議会の意思を決定する最も重要な会議です。地方自治法に規定されている会議とは、この本会議を指しています。

委員会 

議会に提出される議案等は、数も多く内容も広範囲にわたっています。そこで、これらを専門的・能率的に審査するため委員会が設けられています。委員会には、常設の常任委員会、議会運営委員会と必要に応じて設置される特別委員会があります。 

常任委員会 

足利市議会には、常任委員会として総務企画防災・民生環境水道・教育経済建設の3委員会が設置されており、本会議で付託された案件をより詳しく審査し、本会議へその結果を報告します。定数は各委員会とも8人です。  
議員は、少なくとも1つの常任委員となるものとされています。

各委員会の所管事項 

[総務企画防災]  総務部、政策推進部、会計課、消防本部、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会が担当する事項及び、他の常任委員会の所管に属さない事項
[民生環境水道]  福祉部、生活環境部、上下水道部が担当する事項
[教育経済建設]  産業観光部、都市建設部、教育委員会、農業委員会が担当する事項

議会運営委員会

議会の運営に関する事項などを協議します。現在の定数は6人です。

特別委員会

特定の事項や重要な問題の審査や調査をするため、議会の議決により設置され、本会議で付託された事項についてのみの審査・調査を行います。
本市議会では、予算、決算を審議する場合に「予算審査特別委員会」、「決算審査特別委員会」が設置されます。

議案の流れ    



議案提出
 

提案説明
  
質  疑
  
委員会付託



説  明

質  疑

討  論

表  決


 委員長報告

報告に対する
質  疑

討  論

表  決