ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大日苑を紹介します

印刷用ページを表示する掲載日:2014年11月4日更新

トイレがあります 身障者対応のトイレがあります 広域避難場所に指定されています マークの説明はこちら

 大日苑(鑁阿寺)は周囲に土塁と堀をめぐらしたお寺です。

 寺域はほぼ正方形で、約3.8ヘクタールあり、鎌倉時代の武家屋敷の面影を今に伝えており、大正11年、国の史跡に指定されました。

 春はサクラ、秋はイチョウの黄葉が素晴らしく、市民には『大日さま』と呼ばれ親しまれています。

大日苑からのお知らせ

大日苑はこんな公園です

所在地

足利市家富町2220(地図を表示

公園の面積

3.80ヘクタール

開設年月日

昭和42年4月1日

有料公園施設(野外ステージ)

有料公園施設の詳細はこちらをクリック(利用の申込み先案内)

大日苑の案内図

 大日苑の散策マップを作成しましたので、ご覧ください。また、印刷用もありますので、マップを持って是非お立ち寄りください。

マップ

大日苑の散策マップはこちらをクリックしてください  [PDFファイル/2.28MB]

大日苑の写真

本堂の写真鐘楼の写真
本堂(国宝)鐘楼(重要文化財(国))
経堂の写真南側トイレの写真
経堂(重要文化財(国))雰囲気たっぷりの南側トイレ
日本庭園の写真児童公園の写真
日本庭園児童公園
多宝塔もみじと多宝塔
銀杏と多宝塔もみじと多宝塔

大日苑の中にある歴史的な建物

鎌倉時代の建物

  • 本堂(ほんどう)
  • 鐘楼(しょうろう)
  • 東門
  • 西門

室町時代の建物

  • 一切経堂
  • 山門(仁王門)

江戸時代の建物

  • 多宝塔(再建)
  • 御玉屋(おたまや)(再建)
  • 校倉(あぜくら)
  • 大黒堂
  • 太鼓橋(たいこばし)
  • 蛭子堂(ひるこどう)
  • 大酉堂(おおとりどう)
  • 北門

明治時代の建物

  • 水屋
  • 本坊(庫裡)
  • 稲荷堂

案内料

  • 日曜日、祝日は一切経堂が開いています。
  • 本堂、一切経堂の中を拝観するときは、15人以下が一律6,000円です。(一人増すごとに400円加算)
  • 案内料についてのお問い合わせは、鑁阿寺(Tel.0284-41-2627)までお願いします。

交通アクセス

  • JR足利駅から0.7キロメートル(徒歩7分)
  • 東武足利市駅から1キロメートル(徒歩10分)
  • 足利市生活路線バス(やまなみ号)で、通二丁目下車(徒歩5分)
  • 足利市生活路線バス(みなみ号)で、通二丁目下車(徒歩5分)
  • 足利市生活路線バス(せせらぎ号)で、通二丁目下車(徒歩5分)
  • 佐野市営バスで、大日西門下車
  • 北門入口付近、観光駐車場(太平記館)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)