ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > あしかがキッズページ > 市役所ってどんなところ?

市役所ってどんなところ?

印刷用ページを表示する掲載日:2010年12月13日更新

 市役所(しやくしょ)では、みなさんの生活にかかわる、さまざまな仕事(しごと)をしています。
 たくさんの仕事を、たくさんの人たちがそれぞれ担当(たんとう)を決めて、手分けして仕事をしています。

足利市役所の建物の写真

この市役所の建物(たてもの)で働(はたら)く人は、およそ600人います。
そのほか、保育所(ほいくしょ)や公民館(こうみんかん)、クリーンセンター、消防署(しょうぼうしょ)など、ほかの建物で働く人を含(ふく)めると、市役所で働く人は全部(ぜんぶ)でおよそ1,200人います。

市役所のお仕事いろいろ

◆みんなの通う学校(がっこう)を建(た)てたり、給食(きゅうしょく)をつくったりする仕事

◆水道(すいどう)からおいしい水が出るようにしたり、汚(よご)れた水をきれいにして川に流したりする仕事

◆家やお店などで出たごみを集めて処分(しょぶん)する仕事

◆お年寄り(おとしより)や体が不自由(ふじゆう)な人の手助けをする仕事

◆生活に必要な道路(どうろ)や橋(はし)をつくったり、管理(かんり)したりする仕事

◆火事(かじ)のときには消防車(しょうぼうしゃ)で火を消す仕事

◆病気(びょうき)やけがをした人を、救急車(きゅうきゅうしゃ)で病院(びょういん)へ運(はこ)んだりする仕事

◆会社(かいしゃ)や農家(のうか)の人たちが働きやすいようにお手伝いする仕事

◆みんなが住(す)みよいまちになるように計画(けいかく)をたてたり、税金(ぜいきん)の使いみちを決めたりする仕事

この他にも、いろいろな仕事をしています。
どんな仕事があるか、お友だちといっしょに調べてみよう!