ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上下水道部 > 両毛地域水道事業管理者協議会の活動について

両毛地域水道事業管理者協議会の活動について

印刷用ページを表示する掲載日:2011年12月14日更新

目的

両毛6市(栃木県足利市、佐野市、群馬県桐生市、太田市、館林市、みどり市)の水道事業によって協議会を構成し、情報交換や課題研究を行っています。また、災害時における相互応援協定を結ぶとともに、各市の間で配水管を接続することで、事故や災害が起きたときにも皆様に安定して水をお届けできるように努めています。

実施内容

毎年、課長研究会や実務担当者研究会などを行い情報交換・課題研究を行っています。また、両毛6市間で17か所接続している配水管(うち足利市-他市間は10か所)の点検を防災の日にあわせて行っています。

ここがすごい!

中規模自治体の水道事業が、県境をまたいで協議会・相互応援体制を築いている例は全国的にも珍しく、先進的な事例であります。