ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上下水道部 > 水道事業のあらまし

水道事業のあらまし

印刷用ページを表示する掲載日:2015年10月1日更新

水道のあゆみ

本市の水道は、昭和6年4月1日から給水を開始しました。創設時の計画給水人口は55,000人で、計画1日最大配水量は11,500立方メートルでした。

当時の市域においては十分な給水能力を備えていた本市の水道ですが、昭和26年以降の相次ぐ合併による給水区域の拡大・行政区域内人口の増に対応するために、第1次拡張事業に着手しました。

その後も水需要の増加にあわせて拡張事業を進め、平成9年度には市内全体に給水が可能となりました。

21世紀に入り、水道は拡張から維持管理の時代を迎えましたが、今後も健全経営を心掛け、安全でおいしい水を変わらず皆さまにお届けできるよう努めてまいります。

水道事業のしくみ

水道事業は、民間の会社と同じように「独立採算性」を原則として運営することが法律で定められています。

そのため、市役所の一般会計とは別に「水道事業会計」という特別な会計(企業会計)をもうけており、事業運営に必要な経費は事業収入でまかなわなければなりません。

つまり、安全で良質な水をお届けするためにかかる費用は、お客さまからいただいた水道料金でまかなっており、税金は使っていないのです。

水道事業の概要

平成26年度末の水道事業概要については、以下のとおりです。

給水人口149,252人
給水戸数63,570戸
普及率97.6%
年間総配水量20,825,830立方メートル
1日最大配水量62,051立方メートル/日
1日平均配水量57,057立方メートル/日
1人1日平均配水量382リットル/人

工業用水道事業のあらまし

足利市では、工場等への給水を目的とした工業用水道事業を運営しています。

工業用水道事業は、水道事業と同じく独立採算性の原則にもとづいていますので、動力費や施設の維持管理にかかる経費は工業用水道の料金収入でまかなっています。

平成26年度末の工業用水道事業概要については、以下のとおりです。

給水事業所数11事業所
1日あたり契約水量22,608立方メートル/日