ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上下水道部 > 水道の冬じたく

水道の冬じたく

印刷用ページを表示する掲載日:2014年11月27日更新

気温が0度以下になると、防寒の不十分な水道管は凍結してしまい、水が出なくなったり破裂したりする恐れがあります。特に次のような場所は凍結しやすくなります。

  • 屋外でむき出しになっている水道
  • 北向きの場所・風当たりの強い場所の水道

ご家庭の水道はお客様の大切な財産ですから、早めの冬じたくをして、しっかり寒さから守ってあげましょう。

凍結させないために

むき出しになっている水道管は、寒さ対策を行いましょう。

(1)水道管に、保温材や古くなった布・タオルなどを巻きつけます。

寒さ対策1(写真)

(2)その上からテープを巻いてしっかり固定しましょう。

寒さ対策2(写真)

(3)できあがり!これで寒い冬でも安心です。

寒さ対策3(写真)

凍結してしまったときは

  • ドライヤーで、水道管に温風をかけて氷を溶かしてください。
  • 電源のない所では、水道管にタオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて氷を溶かしてください。

凍結している水道管に熱いお湯を直接かけると、水道管を破損させる恐れがありますのでご注意ください。

もしも水道管が破裂してしまったら

  1. 敷地内にあるメーターボックスを探してください。
  2. メーターボックスのふたを開けて、丙止水栓をしめてください。(水が止まります)
  3. 破裂した部分に布かテープをしっかりと巻きつけて応急手当をしてください。
  4. 足利市指定給水装置工事事業者に修理をお申し込みください。