ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

優良公民館表彰

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月9日更新

矢場川公民館が優良公民館として表彰されました。

 文部科学省では、公民館やその他公民館と同等の社会教育活動を行う施設のうち、特に事業内容・方法等に工夫をこらし、地域住民の学習活動に大きく貢献していると認められるものを優良公民館として表彰しています。
 このたび、足利市矢場川公民館が、第70回(平成29年度)優良公民館として表彰されました。

 優良公民館表彰は、昭和23年度から実施され、今回が70回目となります。今年度は全国で76館が選ばれ、栃木県では本館のみです。本市の公民館では、昭和33年度、昭和57年度の織姫公民館、平成3年度の助戸公民館に続き、3館目の受賞となります。
〇 被表彰公民館
 足利市矢場川公民館(足利市里矢場町1643番地1)

〇 概要
 栃木県南西部に位置する矢場川公民館は、緑豊かな田園地域にあり、公民館、小学校、地域住民が一体となった特色ある事業が行われている。その一つである「やばっこ学びの巣」は、周辺環境を活用した様々な趣向をこらした体験活動をとおして、子どもたちが楽しいと感じるだけでなく、指導する大人たちもが学び合える機会となっている。
 また、公民館職員と地域住民が、自主的に企画・運営に携わり、子どもたちに体験の場を提供することで、地域の活性化、地域の絆を深める役割を果たしている。この「やばっこ学びの巣」で学んだ子どもたちが成長した後も、新たにスタッフとして参加し、活動を支える原動力となっている。このように、公民館を中心とした活動によって郷土愛にあふれ、子どもの教育や見守りに熱意あふれる地域となっている。

〇 優良公民館表彰式
 平成30年3月8日(木曜日)
 文部科学省第二講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2)