ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市の概要 > 足利市の歴史(明治時代~大正時代)

足利市の歴史(明治時代~大正時代)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年12月14日更新

明治時代から大正時代までの、市内で起こったことや足利市に関係する出来事です。

明治時代

  • 1869(明治2)
    • 足利藩主・戸田忠行(とだ ただゆき)が版籍を奉還。藩知事となる。
  • 1871(明治4)
    • 廃藩置県により『足利県』となる。(人口18,704人、戸数4,254 戸)
    • 11月に栃木県となる。
  • 1872(明治5)
    • 足利学校が栃木県に引き継がれる。(廃校)
  • 1873(明治6)
    • 葉鹿小学校が開校。
  • 1874(明治7)
    • 足利町となる。
  • 1882(明治15)
    • 足利西校(のちの西小学校)が開校。
  • 1884(明治17)
    • 栃木県令・三島通庸(みしまみちつね)が、足利を貫通する道路(小俣から寺岡までの全長24キロメートル。『三間道路』)の改修を命令。県道桐生岩舟線の骨格ができる。
    • この年の織物生産額は約226万円で、全国屈指の織物産地となる。
  • 1885(明治18)
    • 足利織物講習所(のちの県立足利工業高校)が開設。
  • 1886(明治19)
    • 国内初の日本人の手による学術的古墳調査が、坪井正五郎(帝国大学教授)の手によって足利公園古墳で行われる。
  • 1888(明治21)
    • 両毛鉄道会社線(のちの両毛線)が、小山駅から足利駅まで開通。
  • 1889(明治22)
    • 助戸村を合併。
  • 1895(明治28)
    • 足利銀行が発足
  • 1903(明治36)
    • 足利学校遺跡図書館を創立。
    • 第1回足利花火大会が行われる。
  • 1907(明治40)
    • 東武鉄道の川俣から足利間が開通。
    • 足利町駅・福居駅できる。
    • 足利町に電話、電気が入る。
  • 1909(明治42)
    • 郡立足利高等女学校(のちの県立足利女子高校)が開校。

大正時代

  • 1914(大正3)
    • 初代・堀込源太(ほりごめげんた)が『八木節』をレコーディング。
  • 1915(大正4)
    • 第1回鎧行列(現在の『鎧年越し』)が行われる。
    • 私立足利裁縫女学校(後の白鴎大学足利高校)が開校。
  • 1921(大正10)
    • 市制を施行。初代市長は川島平五郎。(人口36,648人、世帯数6,546世帯)
    • 足利学校が国の史跡に指定される。
    • 県立足利中学校(のちの県立足利高等学校)が開校。
  • 1924(大正13)
    • 相生小学校が開校。
    • 足利市出身の司法大臣・横田千之助氏の就任祝賀会が開かれた。
  • 1925(大正14)
    • 私立足利実践女学校(後の足利短期大学付属高校)が開校。
    • 袋川水門が開通。
    • 市立伝染病院が落成。