ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 禅定院のカヤ(ぜんじょういんのかや)

禅定院のカヤ(ぜんじょういんのかや)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かやのしゃしん

 

高さ   24.0m
目通り   3.75m 

門を入って左側のところに立っています。

幹は直立し根張は全くありません。

幹の東側はお寺が火事にあったときに焼けてしまい、木の皮がはげてしまっています。

西から北側へかけての枝は切りつめられており、枝は南側にだけよく伸びています。

雌の木でよく実をつけ、他のカヤに比べてやや小さい実です。

樹齢は約400年位と思われます。