ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

禅定院の板絵図

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いたえずのしゃしん

 

寸法  縦 83.0cm、横91.0cm、厚さ2.0cm
江戸時代

白、青、黄、茶、緑など多彩な色彩で画かれた板絵図です。

中央に神宮寺、西の方向に八幡宮、東の方向に禅定院が描かれ、渡良瀬川や松並木、道路の様子もカラーで描かれています。

絵の左上のあたりに「寛延四年三月」と墨で書かれており、1751年にこの絵が描かれたことがわかります。

江戸時代中期の八幡村(やわたむら)の地域の様子を知る上で貴重なものです。

※通常非公開となっております。