ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本淡彩 山村団欒図(田崎草雲筆)(しほんたんさい さんそんだんらんず たざきそううんひつ)

紙本淡彩 山村団欒図(田崎草雲筆)(しほんたんさい さんそんだんらんず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

さんそんだんらんずのしゃしん
 
寸法     縦 171.0cm
       横   96.0cm
江戸時代

万延元年(1860)、草雲(そううん)46歳の時の作品で、群馬県太田市の某農家のために揮毫(きこう)したものと伝えられています。

題詩に「児女団欒到ルニ白頭」とあるように、家族のなごやかな風情を懇切に描きつくしており、筆者の豊かで温かい心情がよく伝わる微笑ましい作品です。

※通常非公開となっております