ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 薬師如来坐像(薬師寺)

木造 薬師如来坐像(薬師寺)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

やくしにょらいざぞうのしゃしん
 
像高49.0cm  寄木造(よせぎづくり) 漆塗り
鎌倉時代

肉髻(にくけい)高く、髪は小粒に刻出し、二重白豪(びゃくごう)、髪際は水平、彫眼(ちょうがん)で蓮華座の上に座っています。

瞳は後世の補修によって大きく彩色されています。

高い肉髻、彫の浅い衣文(えもん)、低い膝高(しっこう)など総体的に仏像つくりで有名な定朝(じょうちょう)の作風に似ています。

眉の曲線の反りが深く、目尻は上がっており、口元は上唇が下がり下唇が薄くなっており、両手の指も細くなっていて、この仏像が作られた年代は平安末期~鎌倉初期にかけてであると思われます。

※通常非公開となっております