ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 八雲神社の獅子頭(附木箱)

八雲神社の獅子頭(附木箱)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ししがしらのしゃしん

 

雌雄とも 総高  133.0cm、最大幅(両耳幅)96.0cm、最大厚54.0cm  
        顔面:高さ38.0cm、幅40.0cm
        頭高:雌46.0cm、   雄68.0cm

雌雄2頭そろった獅子頭です。木製で、表面は金色、内面は朱色に塗られています。

雌は頭に宝珠を、雄は頭に鉾形(ほこがた)をそれぞれのせ、頭の後ろには長いたてがみを立てています。

耳はともに左右に大きく湾曲状に突出し、顔面中央に双孔を穿った大きな獅子鼻、その左右には黒い瞳孔を強くひらいた眼、頬と顎は張出し、口は耳元まで大きく裂け上下の歯牙をむき出しています。

また頭には白毛をつけ、頭の裏にはたてがみを立てています。

獅子頭を納めた木箱には安政4年(1857)当地の川島家十一代 相重郎(そうじゅうろう)の依頼で江戸工師が製作したものであることが書かれています。

獅子頭は当時悪霊を払うものとして神社に祀られたもので、造形が優美で、雌雄2頭とも保存状態が良好で貴重な資料です。

※通常非公開となっております。